« ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ | トップページ | 高効率で音の良いオーディオ用電源 その2 »

2012年8月31日 (金)

高効率で音の良いオーディオ用電源

Swxpc44pq2620タイプのtdkコアを使ったスイッチング電源でダブルブーストでpx25のプレート電圧を安定化する。

2sk175はトランスの大きさの比較用

スイッチング速度は150khz、150wのインターリーブ方式で300wとする。kr社px25パラシングルで1本当り50wとするとターンテーブル用エディカレント3相モータサーボアンプで6本、丁度300wとなりパワーは一致する。

音の良い秘訣は電源ダイレクトのスイッチングではなくてプライトロンの電源トランスで絶縁し、コモンモードノイズのキャンセルをしてからダブルブートする。2次側電圧を50v程度にすれば電圧ゲインが10倍、巻き数比で2から3で1次をofcのリッツ線、2次はofcでトランスを巻く。

世界初のテクノロジー満載の真空管式ターンテーブルサーボアンプ電源の基本構成が出来上がった。

|

« ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ | トップページ | 高効率で音の良いオーディオ用電源 その2 »