« カウンターポイント SA3 | トップページ | かくもビル.エバンスを再現せり »

2012年12月23日 (日)

Dizzy Gillespie’s Big4

Big4xDizzy Gillespie’s Big4は、同じanalogue productions(ファンタジー)のゴールドcdと45回転lpの両方あるが、リマスターではゴールドcdの方が良い。

レコードは中低音が持ち上がりすぎてガレスピーに切れが無い。音は圧倒的に良いのだが。

ノーマン.グランツは良い仕事をしてくれたもので、jazzの巨匠達の最後期録音がpablo盤に残されている。勿論pablo盤とは、パブロ.ピカソのコトである。

ことDizzy Gillespie’s Big4のレコードに関しては、celloのパフォーマンスやviolaのレガシーような駆動力のあるアンプが最適で、2a3の非力なアンプでは音色は抜群でもチト駆動に荷が思い。

1974年の録音で、この録音より数年前に唯一本物を聞いたガレスピーより遥かに良く、ハイノートが脳天に突き刺さる。

|

« カウンターポイント SA3 | トップページ | かくもビル.エバンスを再現せり »