« ターンテーブルシート | トップページ | Hi-Fiスピーカとその活きた使い方 無線と実験別冊 »

2013年2月 8日 (金)

2a3cのバルブ表面温度

Tmpxオーディオは測定器の奴隷ではない!
これはあくまでも音質のコトであって、それ以外は測定器の奴隷である。

防振対策と放熱の関係で、2a3cバルブの表面温度のデータを取り始めた。

温度センサーは後日アップするlm35dzを使い手作りしたモノと、チープだけど2点測定できるデジタル温度計、合計3箇所の温度が同時に測定できる。

画像のhpデジボルはバルブの表面温度99.8℃、デジタル温度計は防振材温度48.8℃、見えていないが切り替えで室温が20.4℃となっている。プレート損失15w、ヒータ電力6.25wが2a3c1本あたりの熱エネルギー源となる。

|

« ターンテーブルシート | トップページ | Hi-Fiスピーカとその活きた使い方 無線と実験別冊 »