« スーパーレコード | トップページ | ストラヴィンスキー 春の祭典 »

2013年2月 3日 (日)

ヴェネチア、サン.ミケーレ島とストラヴィンスキー

Michex元役者のガイドさんから”サン.ミケーレ島はお墓の島で、ストラヴィンスキーの墓がある”と聞いてたまげた。

瞬間行きたい!と思ったが、ヴェネチアでは殆ど自由時間が無くて無理、いずれ行ったろ。画像出典:wikipedia

Venxサン.ミケーレ島は丁度サンマルコ広場の反対側で、しかも水上バスのルートでもなくて、目にするコトはできなかった。

Geox

2005年11月28日、サントリーホール前から2列目、家人と陣取るが26,000円のプラチナチケットは決して高くはなかった。(プラチナチケットは音楽界の重鎮、故o田氏のご好意によるもので、未だに感謝に耐えない。)

マリス.ヤンソンスの汗が飛び散り(本当に飛んできた)、指揮は神がかりストラヴィンスキーの火の鳥は、サントリーホールの空気まで歪ませて襲い掛かってきた。以来マリス.ヤンソンスのファンとなった。

ストラヴィンスキーの火の鳥は、残念ながらショルティ、シカゴで録音していないので、もっぱら春の祭典(decca盤)を聴いている。

|

« スーパーレコード | トップページ | ストラヴィンスキー 春の祭典 »