« ビル.エバンスとコンサートグランド D-274 | トップページ | ストラヴィンスキー 火の鳥 »

2013年2月17日 (日)

メロス弦楽四重奏団の楽器

Melosxメロス弦楽四重奏団の楽器を調べてみた。

第1ヴァイオリンは”giuseppe guarneri,1718”グルネリ.デル.ジェスで大御所。
第2ヴァイオリンは”nikolaus amati,1667”ニコロ.アマティでアンドレア(注)の孫。
ヴィオラは”vincenzo ruger,1690”フランチェスコ.ルジェリでニコロ.アマティの弟子だったか?
そして最後のチェロ”andrea guarneri 1712”アンドレア.グルネリでニコロ.アマティの直系の弟子。
注:アンドレア.アマティがヴァイオリンの祖

ストラドは入っていないコトと、全部ヴァイオリン黄金期の17世紀18世紀のイタリア.クレモナの作品でした。デジタル録音とか関係なく楽器が演奏に合わせて凄い。

ヴァイオリンの勉強はまだまだ続きます。

|

« ビル.エバンスとコンサートグランド D-274 | トップページ | ストラヴィンスキー 火の鳥 »