« ストラヴンスキー 春の祭典 その3 | トップページ | メロス弦楽四重奏団の楽器 »

2013年2月16日 (土)

ビル.エバンスとコンサートグランド D-274

Evans1x17年振りの買い直しになる。

ikeda9rex,we8000st,dp100,アンコールゴールド,パフォーマンス,銀線の時代に、良く聴いていたverveの”bill evans at town hall”だ。

jazzのオリジナル盤は、川崎のtopsナベさんの所からもらうようにしている。monoとstereoとあるが迷わずmonoを注文した。

jazzクラブはどこも狭くて、とてもフルコンサートなどは入れられない。クラシックのコンサートならばほぼ全部が、スタインウエイのコンサートグランドd274となる。d274の意は奥行きを表し2740mm。

Townxビル.エバンスのat town hallは、画像で分かるが珍しくとゆうよりタウンホールのピアノのお陰で、コンサートグランドd274を弾いている。この録音が行われた1966年頃までのビル.エバンスしか聴かないが、コンサートグランドd274を弾いたのは、この1枚だけと思う。

ベースのチャック.イスラエルはともかく、ドラムのアーノルド.ワイズはこの1枚のみ参加で初見参、ブラッシュワークがバシャバシャと品が無く、こいつめ!と思っていたが、なんとシャッ、シャッと軽妙なブラッシュワークではないか。スマン!当時のオールcelloシステムでは誤解でした。

コンサートグランドd274は、カツーンと弾けプラス品の良い甘さが加わり、もしかしたらビル.エバンスのレコード中でno1かも知れない。身分の序列が変わってしまい、こりゃあエライことになった!

|

« ストラヴンスキー 春の祭典 その3 | トップページ | メロス弦楽四重奏団の楽器 »