« ビル.エバンスとコンサートグランド D-274 その2 | トップページ | レコード遺跡発掘 その1 »

2013年3月 1日 (金)

レコードとCD

Celloxオールcelloの時代のcdプレーヤで、これにR-dacや特注ラスク銀線が加わると、お代はエライことになった。

Gillespi一方で現在のレコードプレーヤ装置は、イコライザのカウンターポイントsa3.1を含めてもお代は、エライ事にはならない。

cdはdcsが良いとか際限なく高額になっていくが、レコードプレーヤは防振対策を施せばemtの927も必要なく中古のdp80で十分である、とゆう訳でお安く良い音を聴くならばレコードになる。

cdはいくらお金を掛けてもお茶漬けサラサラで、レコードのような濃厚さは出てこない。シリコンディスクにしてcdの回転体を無くしても(レーザーピックアップ無し)大差ない、とゆうコトはカートリッジがポイントで、寺内貫太郎式で自分自信がじぐるって(じぐるう:清水の方便)発電する所が大違い、との結論に毎度ながら達する。

|

« ビル.エバンスとコンサートグランド D-274 その2 | トップページ | レコード遺跡発掘 その1 »