« レコード遺跡発掘 その2 | トップページ | パートリッジMCトランス改造奮戦記 その1 »

2013年4月20日 (土)

Bill Evans The Complete Riverside Recordings #2

Evansx ビル・エヴァンスのThe Complete Riverside Recordingsの録音は、1957年の9月から始まり1963年の6月の7年間で終わっている。

リバーサイド時代の集大成で、このように歴史をまとめてもらえるビル・エヴァンスは恵まれている。

丁度始まった1957年頃はブルーノートも1500番台が終わろうとしている時期で、音の分厚さはまだ健在な時代と言える。同年はリーモーガンのキャンディ、翌年1958年はマイルスの名盤サムシング・エルスの登場となる。

興味深いのは、1957年録音から1963年録音になるに連れて音の分厚さが段々消えていくコトで、より緻密繊細な音撮りに変わる代償に分厚さを無くしている。

amp工房のお宝はjazz録音の時代背景を克明に伝え、やはりお宝デス。

|

« レコード遺跡発掘 その2 | トップページ | パートリッジMCトランス改造奮戦記 その1 »