« パートリッジMCトランス改造奮戦記 追記 | トップページ | コルトレーンと共に »

2013年4月27日 (土)

マスターテープ

Bill1xプレステッジのビル.エヴァンス、一連のマスターテープである。見るからにボロボロのテープで(1956年~1963年の録音で最古は57年前)お宝なのである。これをとっかえひっかえリマスターして稼ぐに決まっているが、デジタル化(実はここに問題あり)で万全は期していると思う。

Bill2xアナログテープを回してリマスターしてカッティングしたりad変換するのだが、アナログテープデッキの重要性に気が付いていない?いや問題にしていないのだろう。

A80x現代リマスターの多くは、
studer a80なのである。更にカッティングはneumann sx74となり、ここでヨーロッパサウンドになってしまい品の良いjazzになる。

Ampex200jazzの1950年代はampexサウンドの時代で、しかも真空管アンプの時代だった。

192k24bitも結構だが、マスターテープを回した瞬間に音色が付きキャラクターは決定してしまう。高精度adコンバータやデータのフォーマット以前の問題に支配される。

Ampex300使いづらかったampex(テープカウンターやテンションコントロールが無い)よりも安定して操作性の優れたstuderになるのも、プロの世界では当然の成り行きだった。

使いづらいからこそが名器で、使いづらいからこそ傑作が生まれる。いでよ!ampex200や300を操る1950年代jazzリマスターエンジニア!

|

« パートリッジMCトランス改造奮戦記 追記 | トップページ | コルトレーンと共に »