« Lexington盤の驚異 | トップページ | アナログの逆襲 その2 »

2013年5月 6日 (月)

Live At The Village Vanguard Again. John Coltrane (ジョン・コルトレーン)

Villagexニューヨーク
ヴィレッジ・ヴァンガード
ビル・エヴァンスが
開けた扉
ソニー・ロリンズが
saxを置いたテーブル
コルトレーンが
動き回ったステージ
その場に居るだけで心躍り
歴史を共有できた気がした

まさにコルトレーンが立っているこの場所で何枚も写真を撮り歴史に浸った。ゲアのテントは何度も張り替えたが、コルトレーンagainの1966年5月28日はボロボロのテントである。

Live At The Village Vanguard Againでは、史上最強カルテットも遂にエルヴィンとマッコイが脱落してしまい、半ズボンの小男ジミー・ギャリソンのみ残った。
亡くなる1年前の貴重なジャケット画像である。

|

« Lexington盤の驚異 | トップページ | アナログの逆襲 その2 »