« アナログの逆襲 | トップページ | Lexington盤の驚異 »

2013年5月 3日 (金)

sme3012アーム引き出し線

Sme2パートリッジmcトランス内部配線でしくじった結果、sme3012アーム引き出し線もカルダス内部配線用ワイヤーを使用していた為、交換の必要が生じた。

hexlink golden 5cの芯線を取り出すと、裸の細線と太いリッツの組み合わせになっている。またhexlinkはケーブルの方向が決まっているので、芯線を抜き出した時に方向をメモる。で、芯線を抜き出した時に方向をメモる。

5c2 この細い方の裸線をよじりアーム引き出し線とする。金田式では手でよじるが、面倒で2本よりを電気ドライバーでよじった。

Sme1よった4本のアームヤイヤーは裸線の為接触しないように注意して配線する。(赤丸印がアーム引き出し配線部)

わずかこれだけのコトだが、ウンポコロコのマックス・ローチはシンバルが随分と厚みを増すのであった。

おまけ:3本よりまで作ったがアームストレスでチト具合が悪く断念、太い配線にすべきでいずれ何とかしよう。

|

« アナログの逆襲 | トップページ | Lexington盤の驚異 »