« アナログの逆襲 その2 | トップページ | アナログの逆襲 その4 »

2013年5月 9日 (木)

アナログの逆襲 その3

Coolmosf最初っからデジタルなんて
ありゃあしない!
デジタルなんて妄想さ!

デジタルアンプを作って20数年が過ぎたが、高速になればなるほどアナログ領域で悩まされる。画像の通りドレイン電流が降下を始めると、ドレイン電圧が上昇を始める。これをアナログと言わずしてなんと言おう。

画像の比較的新しいcoolmosとてスイッチング速度がゼロになる訳でもないし、やはりアナログなのである。

結局の所優秀なデジタルアンプを設計できる人間は、優秀なアナログアンプエンジニアとゆうコトになる。速度の遅い時代は臭いものにフタをして(アナログ領域)デジタルアンプは出来たが、高速、高効率、省エネの現代は臭いものにフタが出来ない時代で、既にアナログの逆襲が始まっている。

|

« アナログの逆襲 その2 | トップページ | アナログの逆襲 その4 »