« ブルーノートレキシントン盤、そして借り物 | トップページ | ラファエロの間 Ⅱ »

2013年5月25日 (土)

アナログの逆襲 その6

Cdrwx音の悪いオーディオには滅法詳しい。
46年間オーディオにうつつを抜かし音が良くなったのはここ4年ほどのコトだから、音の悪い時代が長くて詳しい訳だ。

常連さんたちはレコードをcd化して持ち込み、amp工房のaltecで思いっきり聴いていかれる。開発室に閉じこもりサーボアンプのプログラミングをしていると、えらく分厚い音で何事?と確認すれば、常連さんのレコードcd化なのである。

もう1人の達人はハイエンドオーディオショップへレコードcd化を持ち込んで耳テストをしたようだが、レコードcd化に軍配が上がったのは言うまでも無い。しかもadコンバータはたいして高額ではないようだ。

画像はあんぷおやじ手持ちのレコードcd化装置、アキュフェーズcdの調子が悪いので現在常用cdとしている。

お好きにどうぞだが、レコードのオリジナル盤をかける所があれば聴いておいた方が良い。192k,24bitサンプルや原子時計の高精度などと違った暴力的(jazzの場合)とも言える音エネルギーにたまげますよ!

|

« ブルーノートレキシントン盤、そして借り物 | トップページ | ラファエロの間 Ⅱ »