« ウフィツィ美術館のミケランジェロ | トップページ | Bill Evans The Complete Riverside Recordingsからの手掛かり »

2013年6月 8日 (土)

ブルーノートレキシントン盤の注意

Lex2xブルーノートレキシントン盤のオリジナルを入手するには、それなりの勉強代が必要である。一説によるとブルーノートのコレクターは日本に300人ほど居て百戦錬磨の兵達ばかりで、この連中を相手にレキシントンオリジナル盤を入手するわけだから、覚悟がいる。

オークションや中古レコードの表記には、ありのままの情報が記載されている。この記載に間違いがあれば違法になるから、誤記などトンマなことは少ない。ただ売り手の知識不足による間違いも見抜かなくてはいけない。注意すべきは、表記されていない内容を勝手に想像しないコトである。

レキシントン盤はblp1501~blp1543まで、年代は1954年~1957年までである。オリジナルの資格は、住所rex,rvg手彫り,フラットリム(フラットエッジ),深溝...など。

画像はblp1526クリフォード・ブラウンのメモリアルで全てオリジナルの資格を持っている。最初に入手したものは殆ど同じだが、ただ1点フラットリムではなくグルーブガード付きで2nd?になる。

同じblpナンバーのレキシントン盤の表記でも
盤1
side1:手書きrvg・耳あり、rなし、lexington
side2:手書きrvg・耳あり、rなし、lexington
盤2
side1:手書きrvg・耳・深溝あり、rなし、フラットエッジ゙、lexington
side2:手書きrvg・耳・深溝あり、rなし、フラットエッジ゙、lexington

盤1は2万円台、盤2は4万円台、レキシントン盤が2万円台ならばと盤1を購入したとする。当然記載されていないコトは文句も言えず、エッジはグルーブガード付きでフラットではない、深溝は無い、となる訳で盤1は2nd?も深溝が無いから年代はかなり後になる。

結構失敗したから良く分かり、無駄ではない勉強代がそれなりに掛かった。掛かったが短時間に猛勉強して、ブルーノートとは実に面白いレーベルを実感した。

|

« ウフィツィ美術館のミケランジェロ | トップページ | Bill Evans The Complete Riverside Recordingsからの手掛かり »