« 最後のヴィレッジ・ヴァンガード | トップページ | JAZZにはマッキントッシュパワーアンプMC1000 »

2013年7月19日 (金)

待望のblp-1504、バド・パウエルがやってくる

Bud0x全く色を使わないジャケットだが秀逸でjhon hermansader氏のデザインに脱帽!礼儀正しい男アルフレッド・ライオンの友人でブルーノートの共同経営者である、同じドイツ人のフランシス・ウルフが見事なジャケット写真を撮っている。

amp工房技術部長の離れ業でバドのレキシントン盤のオリジナルが遂にamp工房へやってきた。待つ事半年以上。

Bud00x”Lex額縁Flat 完全オリジ!! BUD POWELL Amazing Volume 2 / 名盤”がうたい文句で、全くその通り。b面のオーバーザレインボウは天才バド・パウエルの珠玉の1曲で、こうゆうインプロビゼーションはまさに神がかり、音楽は消えてなくなる典型を思わせる。

オーバーザレインボウに涙して、ジャケット上物、レコード上物、レキシントン盤最後の傑作に感謝した。途端に来日中の駿河屋さんが”あんぷおやじー、セロニアス・モンクのblp-1510,1511のGenius of Modern Music 1&2も凄いぜ!”と囁く。ウッ!...

|

« 最後のヴィレッジ・ヴァンガード | トップページ | JAZZにはマッキントッシュパワーアンプMC1000 »