« ジョン・コルトレーンの命日 | トップページ | 待望のblp-1504、バド・パウエルがやってくる »

2013年7月18日 (木)

最後のヴィレッジ・ヴァンガード

Villageコルトレーンの命日に奇しくも満身創痍の最後のヴィレッジ・ヴァンガードが届き、これも何かの縁なのだろう。

インパルスのペラペラ盤のLive At The Village Vanguard Againで、どうせ音なんてたいしたコトはない!と決めつけてかけるが、どっこい”Live” At The Village Vanguard のオリジナル盤オレンジより音が良いのはなぜ?

エルヴィンもマッコイもたまらず飛び出してしまい史上最強のカルテットは崩壊して、最終章のステージはファラオ・サンダース、アリス・コルトレーン、ラシッド・アリ、そして最後まで行動を共にしたジミー・ギャリソンとなった。コルトレーンとファラオ・サンダースの魂の交感は、最終章へ向かう重機関車の爆進にも似て重く心にのし掛かかる。

1957年のソニー・ロリンズから始まりビル・エヴァンスと続きコルトレーンが2ライブ、これがあんぷおやじ流儀のヴィレッジ・ヴァンガードライブの総決算で、jazzオーディオを進化させて迫真のライブとしよう。
いよいよ役者は揃った...

|

« ジョン・コルトレーンの命日 | トップページ | 待望のblp-1504、バド・パウエルがやってくる »