« ジャズ・アット・ザ・サンタモニカ・シヴィック’72 | トップページ | バードランド »

2013年8月29日 (木)

Paul Chambers Whims Of Chambers Blue Note1534 完全オリジナル盤 続き

Bn1ジャケットは赤丸印の如く額縁タイプでなければならない。インナースリーブも当時のモノが付いていなければならない。完全オリジナルになると相当に厳しい条件がある。

あんぷおやじ流儀はジャケットなどに拘らないが、ジャケットの悪いレコードはたいてい盤も悪い。57年前の発売で厳しい条件をクリアする事は難しく、高価である事はやむ得ない。

Bn2アメリカ出張の折にはレコード屋巡りをしたが、その時良く見かけたのが価格シールで、本盤Blue Note1534にも何と4$の時代があった。

4$として固定レート360円を掛けると1,440円になり、輸入すれば当時のlp価格2,300円になるのも当然でしょう。当時の給料が1万円弱と考えれば月給の1/4に相当し、レコード価格を現在に置き換えると、オリジナル盤は決して高価ではない結論に達したが...

|

« ジャズ・アット・ザ・サンタモニカ・シヴィック’72 | トップページ | バードランド »