« 音の厚み | トップページ | 1945年バップ黎明期 »

2013年8月 8日 (木)

wow and flutter その2

Emt927x上物(推定価格500万円)のemt927が3年間ほどamp工房にあり研究した。

音に腰が据わりゆるぎない自信でlpを鳴らす。その解析が今日の振動対策の原点になっているが、古いものは骨董で?は当てはまらず古いが新しいのである。

Emt9272xワウフラデータも素晴らしく0.057%で周波数偏差は0.1%台、多くのターンテーブルの測定を行ったが、実力値でもno1なのだ。

注目すべきはモータの制御方式で速度帰還は無い。ddドライブはたいてい速度帰還を掛けないと動作できないが、emt927に使われているモータはロータがカットされたリラクタンス型同期モータで電源周波数に同期するから、速度帰還は必要ない。

速度帰還を掛けたsp10のワウフラが0.08%程度に対し、速度帰還がなくても0.057%では現代の速度帰還制御法はとても進化したとは言えない。この件に関してはdr.o先生が全周位置積分型センサーを考案されているので、これを使えば速度帰還制御法でもワウフラは大幅に改善される。

|

« 音の厚み | トップページ | 1945年バップ黎明期 »