« アイソレーショントランス | トップページ | ヴェローナのアイーダ »

2013年9月25日 (水)

WOR Studios, NYC, その2

Lex10blp-1505 The Eminent Jay Jay Johnson, Vol. 1は録音調査には好都合である。

a面は
Capri,Lover Man,Turnpike,
Sketch One,Get Happy
Clifford Brown (trumpet) J.J. Johnson (trombone) Jimmy Heath (tenor, baritone saxophone)John Lewis (piano) Percy Heath (bass) Kenny Clarke (drums)
WOR Studios, NYC, June 22, 1953

b面は
Too Marvelous For Words,Jay,Old Devil Moon,It's You Or No One,Coffee Pot 
J.J. Johnson (trombone) Wynton Kelly (piano) Charles Mingus (bass)Kenny Clarke (drums) "Sabu" Martinez (congas -1/3,5)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, September 24, 1954

1953年まではWOR Studios, NYCで録音して、1954年からはRudy Van Gelder Studio, Hackensackの録音となる。その差1年だから、録音機材も時代背景も大差なく、録音エンジニアの腕前がはっきりと分かる。

スパルタンで力強い録音がWOR Studiosで、より音楽的な録音がRudy Van Gelder Studioとなる。Rudy Van Gelder は太鼓やベースが幾分膨らむ傾向だが、あきらかに表情が豊かになり、さすがRudy Van Gelderと感心した。

|

« アイソレーショントランス | トップページ | ヴェローナのアイーダ »