« Lexington盤の15枚 | トップページ | ウェスタンエレクトリック WE91Aリピーティングコイル奮戦記 その5 »

2013年10月31日 (木)

Tektronix SG505,AA501A 修理

Aa5001x正確には”Tektronix aa5001 Programmable Distortion Analyzer”となり、テクトロニクスの歪み率計である。

修理業務の再開にあたり、歪み率計に電源を入れて唖然とする。なんと歪み率計が2台とも故障!太陽電池プロジェクトに専念して、テクトロニクスの歪み率計は2年以上も無通電だった。

Sg5050_2sg505オシレーターは2台とも周波数が切り替わらず、更に出力が不安定で出力が出たり出なかったり。こんな古いテクトロニクスの歪み率計を修理に出したら、幾ら取られるか分からない。意を決して自前で修理することにした。

分解して内部に目をやると、テクトロニクスの技術の高さに脱帽する。筐体も安定して分解、組み立てできる事は素晴らしい。板金や樹脂成型品ではメカニカル精度が出難いのだ。

Sg5051高精度部品の塊でそのままオーディオプリアンプになりそう。周波数アジャストは2連のスペクトロール10kΩで、完全に壊れたらプリアンプのボリュームとして使おう。

Sg5052回路を追うと、周波数レンジ切り替え用3連のプッシュスイッチにたどり着いた。

やはりな、回路は信頼性が高く壊れる要素は無い。しかし機構部品はメカニカルだから壊れる可能性がある。赤丸印がc接点でnc(ノーマリークローズ)、no(ノーマリーオープン)共に動作できない。分かれば簡単な事だが、こんな3連スイッチの互換品など今時入手できない。

Sg5053そこで3連スイッチを基板から外して、分解修理しよう...
ところが基板から外せない。パターンが細くてハンダゴテで加熱中に損傷の恐れがある。これも無理、万事休すか?
ハッと閃いた!マイクロスイッチを取り付けプッシュバーで機構的にon/offし、ダメ接点とパラに接続すれば修理できる。早速rsへマイクロスイッチを手配する。

またハッと閃いた!そうだ3連スイッチの開口部のお尻(黄色丸印)から、弱いシンナーを流し込んでみよう。各スイッチへ2滴ずつ垂らして、スイッチをガシャガシャon/offした。おー、見事に接点が復活したではないか。これならば、オリジナルのまま修理が出来る。

Aa501aま、1980年代の歪み率計で接点がダメになっても納得。歪み率計本体aa501aも分解して、n連スイッチにシンナーを垂らして同様の作業をやる。

一連の作業を終えて、Tektronix sg505,aa501aの古典測定器のウイークポイントはn連スイッチにあると見た。同様なトラブルの方はトライしたら如何、但しシンナーはまずかろうで、接点復活材にすべきでしょう。

Aa5001xx全く泥縄式で反省しきりだが、何事も作ってしまおう精神があれば、たいていのコトはできる。テクトロニクスの測定器は、絶対的安心感から長年使い続けているが、修理費は結構高くて自前で修理できれば、誠にあり難い。

教訓:微弱な接点は、たまに通電して接触面の活性化をしておかないとトラブルの元になる、でした。

|

« Lexington盤の15枚 | トップページ | ウェスタンエレクトリック WE91Aリピーティングコイル奮戦記 その5 »