« 鉄と質量の時代 その3 | トップページ | タムラトロイダルトランスpr7808s改造奮戦記 その2 »

2013年11月 5日 (火)

タムラトロイダルトランスpr7808s改造奮戦記 その1

Pr7808sx1990年代のはじめ頃、金田式で論争が起きライバル達は理論的にも金田式の問題点を突いてきた。どっちが正しいかは今日誰が続けているかで、答えが出てしまっている。

理論的に問題があったにしろ、それはたいした問題ではない。問題はその当時まことしやかに、タムラではトロイダルトランスを巻く職人さんが高齢で、トランスが出来なくなるとの情報が流れた事で、慌てて10個も手配してしまった。金額も数十万円で被害?甚大!ま、これとて自己責任で誰のせいでもない。

Pr7808sxx更に問題は全くjazzには向いていない電源トランスで、線が細くなってしまう。以来20年近くも挑戦したが解決は見なかった。このまま不良在庫か?と諦めかけた瞬間、閃いた。

狂気とか愚行とか人は言うが、その狂気の果てに見えたものは?

続きます。

|

« 鉄と質量の時代 その3 | トップページ | タムラトロイダルトランスpr7808s改造奮戦記 その2 »