« ウェスタンエレクトリック WE91Aリピーティングコイル奮戦記 その5 | トップページ | タムラトロイダルトランスpr7808s改造奮戦記 その1 »

2013年11月 3日 (日)

鉄と質量の時代 その3

Qx毎度の登場が、あんぷおやじ流儀の音の良いトランジスターである。

最上部がバイポーラトランジスターのベアチップ、その下が静岡オーディオラボ特製の5n銀線、その下が日立電線製の特注Φ16mmofc銅棒、一番下がテフロン材のnc加工したもの。これらを合体して、最強のトランジスターを作った。上のヒゲ2本がベースとエミッタ、ofc銅棒がコレクタとなる。

これを用いてトム・コランジェロに挑んだ。相手は鉄キャンタイプのバイポーラ・トランジスタで画像のベアチップと同じもの、勝負は一瞬で終った。

銀やofc銅が鉄に負けた。どうやら鉄が正しいと思うようになったきっかけの事件で、膨大な投資額が一瞬でフイになった。

|

« ウェスタンエレクトリック WE91Aリピーティングコイル奮戦記 その5 | トップページ | タムラトロイダルトランスpr7808s改造奮戦記 その1 »