« タムラトロイダルトランスpr7808s改造奮戦記 その5 | トップページ | タムラトロイダルトランスpr7808s改造奮戦記 了 »

2013年11月10日 (日)

タムラトロイダルトランスpr7808s改造奮戦記 その6

7808s16これが樹脂を剥がし発掘作業終了の図。切断して飛び出している巻き線は6.3v用。

サランラップのチョイ厚手のフィルムでグルグル巻きにされて汚らしく、防振構造では邪魔になるため、丹念に剥がす。

7808s17これがフィルム除去作業中の図。

色名が書いてあるのは電圧の種類で、ここから巻き線の構造を調べる。

7808s25

主巻き線は55vのセンタータップで9.1aの大電流を誇る。

55vの巻き線は全部で4巻き線あって、1巻き線あたり55v4.5aもの電流容量を持つ。

そこで真空管用トランスに変更するには選択肢が豊富だが、全て直列接続とする。なんと220v4.5aの巻き線に変身したではないか。これならば直流化して311vの大電流電源ができる。

7808s19余分なフィルムを全て撤去し、巻き線の確認をして全て完了した。

|

« タムラトロイダルトランスpr7808s改造奮戦記 その5 | トップページ | タムラトロイダルトランスpr7808s改造奮戦記 了 »