« カルダスコンデンサ | トップページ | 1枚の真実 »

2014年1月24日 (金)

オリジナル盤の力

Lexx君子ではないが豹変してしまいスマン!時代の垢を落としてしまった。逆説的には垢皮膜でレコード溝を長い年月保護していたとも言える。

アルカリ電解水 を使いある方法で20枚を1時間で洗浄してしまった。タオルのゴシゴシの苦労は何であったのだろうか?力はまるでいらないし垢の落ち方が桁違いで、レキシントン盤のうるささがjazzエネルギーに変換されて圧倒される。

ビフォワー、アフターの激変ぶりは圧倒的にレキシントン盤が凄くて、サボイもクリフも適わない。ただワルツ・フォー・デビーのステレオ盤rs9399オリジナルだが、戦うビル・エヴァンスがヴィレッジ・ヴァンガードに出現してエヴァンスjazzの解釈が変わった。前々から薄々は気づいていたが、オリジナル盤には相当な力がありそれを余すところなく出す、技術(腕)がなかった。

4.5度

|

« カルダスコンデンサ | トップページ | 1枚の真実 »