« 気中開閉器 その2 | トップページ | コルトレーン »

2014年3月23日 (日)

久々のdaコンバータ

Cd880jxcd880j が壊れて久しいが、そのままスクラップにしておくのも勿体なくてレーシングメカニックk尻さんのpcオーディオdaコンバータとして復活させるコトにした。

昔マランツで活躍した仲間のエンジニアに連絡を入れるが、流石に古すぎて回路図の入手は困難だった。そこで辛うじて動作させて各部波形を調べ、デジタルデータ入力ポイントを探ることにした。

daコンバータはtda1541aのシングルクラウン、これで十分である。opampはjrc5532からad797のダブル超タコ配線で組み込んだ。おまけはとうにディスコンのntkのディップマイカに交換する。ここにリキを入れる必要もなくて終活部品を提供した。基本は弟子の作業だがつい手伝ってしまう。

重要は電源と防振構造で、定電圧電源のトランジスターは定番のcelloパフォーマンス出力段と同じトランジスターで構成する。完成すれば信じがたいdaコンバータの音になる...はず。

|

« 気中開閉器 その2 | トップページ | コルトレーン »