« 久々のdaコンバータ | トップページ | 気中開閉器 3 »

2014年3月29日 (土)

コルトレーン

Coltx残念ながら全くのリアルタイムコルトレーンではなかった。画像は小布施bud正面に掲げられたジョン・コルトレーンの大きな写真。

1967年日立へ入社したその年の7月16日に亡くなってしまった。丁度ベンチャーズから”jazzだよ、jazzを聴こう!”とjazz先輩にjazzへの転換を薦められた時期とも重なる。

セルマー・マークⅥで、5スター・ミディアム・メタルのオットー・リンク・マウスピースと#4リコ・リードが取りつけられている、とコルトレーンの伝記には出てくるが、1958年コルトレーンのセルマーサキソフォンが500ドルとあり、現在換算をやってみる。

固定レート360円の時代だから180,000円となり、時代換算はラーメンが30円の時代で20倍として360万円となる。コルトレーンの使っていたセルマーが如何に高価だったかが分かる。

1957年はボブ・ウァインストックのプレステッジと契約中だったが、アルフレッド・ライオンと話し合いしてブルーノートでたった1枚のリーダーアルバム”ブルー・トレイン”の誕生となる。例の如くハッケンサックのルディ・ヴァン・ゲルダースタジオへ出かけての録音なのだ。

昔は良かったとは言いきれないが、jazz文化が花開いた時代でキラボシの如くスタープレーヤーが居たコトは間違いない。jazz喫茶amp工房でもコルトレーンの存在は別格で、調整が終わりさあ聴こうで登場となる。

|

« 久々のdaコンバータ | トップページ | 気中開閉器 3 »