« 気中開閉器 金銀の音2 | トップページ | 電源の重要性 その5 »

2014年4月16日 (水)

cd帰るの巻き

Dp11夕方出社すると、レーシングメカニックのk尻さんがavboxからcdを回収して届けてくれていた。感謝デス!

avboxの担当者は言う、”あんぷおやじー、アキュフェーズはお代が決まっていて35,000円から65,000円の修理費ですねん”35,000円ならば修理してもいいが65,000円では...急にしどろもどろになる。

迷ったが所詮cdと修理を断念した。さて自力で修理でもしてみるか。トレイの出ない原因を探るとベルトの経年変化による伸びでモータトルクが伝わらず、回転機構とリニアスライドに給油して負荷を軽くして、なお且つ最悪手動でトレイの出し入れをできるように改造を施す。リードエラーは相変わらずでカートリッジより寿命が短い。

久しぶりのアキュフェーズdp-11の登場に”シマッタ!忘れてたcdの安定度はレコードの比ではない”cdにはcdの良さが十分にあるのだ。

|

« 気中開閉器 金銀の音2 | トップページ | 電源の重要性 その5 »