« 電源の重要性 その4 | トップページ | 気中開閉器 金銀の音2 »

2014年4月12日 (土)

コンセントbox

Base1削り出しのコンセントboxが何十万円もして腰を抜かすが、気持ちは分かる。お好きにどうぞで原資豊かな方は投資すれば良いが、こっちは原資乏しき故、知恵を絞る。

そうだ防振構造だ!ラスクにゴム集成材にラスクにゴム集成材にと接着剤でベタベタ貼り付ける。ラスクは100万円もした特注ラスクを解体したは端材を使う為ボロボロ、出来上がりは画像の通り汚い。

Base2次はヤスリで丹念に成型して最後に塗装をかけると、まあ画像のように見れるようになる。余談だが、メーカで出しているラスクに使われている板はmdfで、これはグズグズで具合が悪い。

次に上部にコンセントboxを設置して防振箱に入れて防振材を注入して出来上がり。材料費はタダみたいなモノだが、これぞ防振コンセントboxの決定版?と言える。

|

« 電源の重要性 その4 | トップページ | 気中開閉器 金銀の音2 »