« daコンバータ | トップページ | リアクションシンクロナスモータを回す »

2014年5月19日 (月)

最強のケーブルを作る その1

Cardas1最強のケーブルとは大げさだが、amp工房の原資の許す限りの最強であって人サマの懐具合とはてんで違う。

カルダスの最新ケーブルはクリア・ビヨンドで1.5mのスピーカケーブルが何と830,000円もして、恐れ入った。画像はそれだが、赤丸印の芯線1本の構造はマルチストランドのクロス構造で、更に絶縁シール(黒色部)で外の2層と内部の多層を分離している。

マルチストランドも見事だが、クロス構造はクロス角度の1/2の45度で全方位の振動に対して効果的で考え出したカルダスはたいした研究者だ。

お好きにどうぞだが、透明の中空パイプが中心に1本、芯線間に1本ずつ、外皮に一回りあり空気絶縁と振動対策の為の構造としているが、これは振動対策に不向きに思える。

この芯線と同等のケーブルを耳の確かなamp工房の技術部長が見つけ、その凄さに脱帽していた。問題はディスコン(単体で売るのはまずかろうと中止したか?)で、アメリカの業者は在庫限りとなっており、以前訪問した台北のカルダス代理店では在庫無しとなっている。慌てて必要最小メータ数をアメリカから入手した。続く...

|

« daコンバータ | トップページ | リアクションシンクロナスモータを回す »