« 2014年7月 | トップページ | 2015年8月 »

2014年8月10日 (日)

コルトレーン オレンジ化計画 了

Ampxxコルトレーン再生のために作り上げたコルトレーンオーディオ装置で、徹した振動対策と素材に金とofc銅を多用してコルトレーンが金色に輝く。オレンジ化計画とはジョン・コルトレーンに敬意を表したモノである。20年ほど前になるが、一関ベイシーで今は亡きエルヴィン・ジョーンズさんにお会いしてからコルトレーン最強のカルテットを特別贔屓と決めた。

1961年、コルトレーンはインパルスと3年に渡り総額5万ドルの契約に成功して、マイルス・デイヴィスに次ぐjazzの成功者となった。
まことしやかに伝わってくる話:
名盤” Ballads (Impulse! A 32)”はマウスピースの調子が悪くスローバラードのjazzを録音した...上海駿河屋さんが”そんなはずはない、5万ドルのお金持ちになってセルマー(サキソフォンメーカー)を何本も持っているだろうし、オットー・リンク社のマウスピースだって特注で何個も作らせたはずだ!”と言う。実際の所はモードジャズからフリーへと又アフリカ回帰で難解化していくコルトレーンを、名プロデューサーのボブ・シールが”売れるもの”を作らせたのだ。奏功で名盤” Ballads”などは50年を過ぎた今日でも好セールを持続している。

オレンジレーベル判別
Impulse5出展:LondonJazzCollector
1960年~1963年
AM-PAR RECORD CORP.
1963年~1966年
ABC-PARAMOUNT RECORDS, INC.
1967年~1968年
ABC RECORDS INC  New York NY 10019
レーベルの艶状態(semi-gloss:半光沢,matte-finish:なし地仕上げ)もオリジナルの判定材料で、半光沢がa1~a33の場合は1stプレスとなる。それ以降はなし地仕上げとなっている。

インパルス時代のコルトレーンのデータ。
(録音はイングルウッド・クリフスのルディ・ヴァン・ゲルダースタジオが主体、わずかだがrcaビクタースタジオ他の録音がありヴァン・ゲルダーが係わっていない。)
1961年 米大統領ジョン・F・ケネディ就任
John Coltrane - Africa/Brass  (Impulse! A 6) Orange
Freddie Hubbard, Booker Little (trumpet) Jim Buffington, Donald Carrado, Bob Northern, Robert Swisshelm, Julius Watkins (French horn) Charles Greenlee, Julian Priester (euphonium) Bill Barber (tuba) John Coltrane (soprano,tenor saxophone) Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet, flute, arranger, conductor)Pat Patrick (baritone saxophone) Garvin Bushell (reeds) McCoy Tyner (piano, arranger) Reggie Workman (bass)Elvin Jones (drums) Romulus Franceschini (conductor) Cal Massey (arranger)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, May 23, 1961
Greensleeves  
Booker Little (trumpet) Britt Woodman (trombone) Donald Carrado, Bob Northern, Robert Swisshelm, Julius Watkins (French horn) Carl Bowman (euphonium) Bill Barber (tuba) Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet, flute, arranger, conductor) John Coltrane (tenor saxophone) Pat Patrick (baritone saxophone)McCoy Tyner (piano) Reggie Workman (bass) Art Davis (bass -1) Elvin Jones (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, June 7, 1961
Africa 
Blues Minor

John Coltrane The Other Village Vanguard Tapes(Impulse! AS 9325)
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet) McCoy Tyner (piano -2,3) Reggie Workman (bass) Elvin Jones (drums)
"Village Vanguard", NYC, November 1, 1961
Chasin' The Trane (alt. take)
Spiritual (alt. take)
Untitled Original (Brasilia)

John Coltrane (soprano,tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Reggie Workman (bass) Elvin Jones (drums)
"Village Vanguard", NYC, November 2, 1961
Greensleeves 
Garvin Bushell (oboe, contrabassoon) John Coltrane (soprano,tenor saxophone)
Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet) McCoy Tyner (piano) Ahmed Abdul-Malik (oud -1) Reggie Workman (bass) Jimmy Garrison (bass -1) Elvin Jones (drums)
"Village Vanguard", NYC, November 5, 1961
India (alt. take)
Spiritual (take 2)

John Coltrane - Coltrane "Live" At The Village Vanguard(Impulse! A 10) Orange
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet -2) McCoy Tyner (piano -1) Reggie Workman (bass -1) Jimmy Garrison (bass -2) Elvin Jones (drums)
"Village Vanguard", NYC, November 2, 1961
Softly, As In A Morning Sunrise
Chasin' The Trane

John Coltrane (soprano,tenor saxophone) Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet) McCoy Tyner (piano) Reggie Workman (bass) Elvin Jones (drums)
"Village Vanguard", NYC, November 3, 1961
Spiritual 

John Coltrane - Impressions(Impulse! A 42) Orange
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet -2) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison, Reggie Workman (bass) Elvin Jones (drums)
"Village Vanguard", NYC, November 3, 1961
Impressions
India

John Coltrane (soprano,tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, September 18, 1962
Up 'Gainst The Wall
Roy Haynes (drums) replaces Jones
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, April 29, 1963
After The Rain

John Coltrane - Ballads(Impulse! A 32) Orange
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Reggie Workman (bass) Elvin Jones (drums): same session
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, December 21, 1961
It's Easy To Remember
Jimmy Garrison (bass) replaces Workman
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, September 18, 1962
Nancy
What's New

same personnel
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, November 13, 1962
Too Young To Go Steady
All Or Nothing At All
I Wish I Knew
You Don't Know What Love Is
Say It

1962年 キューバ危機
John Coltrane - Coltrane(Impulse! A 21) Orange
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, April 11, 1962
The Inch Worm
same personnel
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, June 19, 1962
Out Of This World
Soul Eyes

same personnel
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, June 20, 1962
Miles' Mode
same personnel
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, June 29, 1962
Tunji 

Duke Ellington And John Coltrane(Impulse! A 30) Orange
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) Duke Ellington (piano) Aaron Bell (bass -1,2,5,6) Jimmy Garrison (bass -3,4,7)Sam Woodyard (drums -1,5,6) Elvin Jones (drums -2/4,7)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, September 26, 1962
Stevie
In A Sentimental Mood
Angelica
Big Nick
My Little Brown Book
The Feeling Of Jazz
Take The Coltrane 

1963年 米大統領ジョン・F・ケネディ暗殺
John Coltrane And Johnny Hartman(Impulse! A 40) Orange
John Coltrane (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums) Johnny Hartman (vocals)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, March 7, 1963
They Say It's Wonderful
Lush Life
My One And Only Love
Autumn Serenade
Dedicated To You
You Are Too Beautiful

John Coltrane - Selflessness Featuring My Favorite Things(Impulse! AS 9161)
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Roy Haynes (drums): same personnel
"Newport Jazz Festival", Newport, RI, July 7, 1963
I Want To Talk About You
My Favorite Things

Donald Garrett (bass clarinet, bass) John Coltrane, Pharoah Sanders (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums) Frank Butler (drums, percussion) Juno Lewis (vocals, percussion)
Western Recorders, Hollywood, CA, October 14, 1965
Selflessness

John Coltrane - Coltrane Live At Birdland(Impulse! A 50) Orange
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums)
"Birdland", NYC, October 8, 1963
The Promise
I Want To Talk About You
Afro Blue

same personnel
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, afternoon, November 18, 1963
Your Lady
Alabama

1964年 東京オリンピック
John Coltrane - Crescent(Impulse! A 66) Orange
John Coltrane (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, April 27, 1964
Lonnie's Lament
The Drum Thing
Wise One

same personnel
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, June 1, 1964
Crescent
Bessie's Blues

John Coltrane - A Love Supreme(Impulse! A 77) Orange
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, December 9, 1964
A Love Supreme, Part 1: Acknowledgement
A Love Supreme, Part 2: Resolution
A Love Supreme, Part 3: Pursuance
A Love Supreme, Part 4: Psalm

1965年 ベンチャーズ来日
The John Coltrane Quartet Plays(Impulse! A 85) Orange
John Coltrane (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Art Davis, Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, February 18, 1965
Nature Boy
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, May 17, 1965
Chim Chim Cheree
Brasilia
Song Of Praise

John Coltrane - Transition(Impulse! AS 9195)
John Coltrane (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Roy Haynes (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, May 26, 1965
Dear Lord
Elvin Jones (drums) replaces Haynes
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, June 10, 1965
Transition
Suite, Part 1 Prayer And Meditation: Day
Suite, Part 2 Peace And After
Suite, Part 3 Prayer And Meditation: Evening
Suite, Part 4 Affirmation
Suite, Part 5 Prayer And Meditation: 4 A.M.

John Coltrane - Kulu Se Mama(Impulse! A 9106) Orange
John Coltrane (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums): same session
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, June 10, 1965
Welcome
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) Elvin Jones (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, June 16, 1965
Vigil
Donald Garrett (bass clarinet, bass) John Coltrane, Pharoah Sanders (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums) Frank Butler (drums, percussion) Juno Lewis (vocals, percussion)
Western Recorders, Hollywood, CA, October 14, 1965
Kulu Se Mama

John Coltrane - Infinity(Impulse! AS 9225)
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums) + Alice Coltrane (harp, tambura) Joan Chapman (tambura) Oran Coltrane (bells) + string section: Murray Adler (concertmaster) James Getzoff or Jerry Vinci, Gordon Marron, Michael White (violin) Rollice Dale, Myra Kestenbaum (viola) Jesse Ehrlich,Ed Lustgarten (cello)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, June 16, 1965
Living Space (overdubbed version)
John Coltrane (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums)+ Alice Coltrane (harp, vibraphone) Charlie Haden (bass) + string section: Murray Adler (concertmaster) James Getzoff or Jerry Vinci, Gordon Marron, Michael White (violin) Rollice Dale, Myra Kestenbaum (viola) Jesse Ehrlich, Ed Lustgarten (cello)
Coast Recorders, San Francisco, CA, September 22, 1965
Joy (overdubbed version) 
Pharoah Sanders (tenor saxophone, flute, piccolo, tambourine, percussion) John Coltrane (tenor saxophone, bass clarinet, bells, percussion) Alice Coltrane as Alice McLeod (piano) Jimmy Garrison (bass) Rashied Ali (drums) Ray Appleton (percussion) + Alice Coltrane (vibraphone, organ) Charlie Haden (bass) + string section: Murray Adler (concertmaster) James Getzoff or Jerry Vinci, Gordon Marron, Michael White (violin) Rollice Dale, Myra Kestenbaum (viola) Jesse Ehrlich, Ed Lustgarten (cello)
Coast Recorders, San Francisco, CA, February 2, 1966
Peace On Earth (overdubbed version)
Leo (overdubbed version)


John Coltrane - Ascension, Edition 1(Impulse! A 95) Orange
Freddie Hubbard, Dewey Johnson (trumpet) Marion Brown, John Tchicai (alto saxophone) John Coltrane, Pharoah Sanders,Archie Shepp (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Art Davis, Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, June 28, 1965
Ascension, Edition 1: Part 1
Ascension, Edition 1: Part 2

John Coltrane/Archie Shepp - New Thing At Newport(Impulse! A 94) Orange
John Coltrane (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums)
"Newport Jazz Festival", Newport, RI, July 2, 1965
Spoken Introduction To John Coltrane's Set By Father Norman O'Connor
One Down, One Up

John Coltrane - Sun Ship(Impulse! AS 9211)
John Coltrane (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums)
RCA Victor Studios, NYC, August 26, 1965
Dearly Beloved
Attaining
Sun Ship
Ascent
Amen

John Coltrane - First Meditations (For Quartet)(Impulse! AS 9332)
John Coltrane (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums): same personnel
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, September 2, 1965
Love
Compassion
Joy
Consequences
Serenity

John Coltrane Featuring Pharoah Sanders Live In Seattle(Impulse! AS 9202-2)
Donald Garrett (bass clarinet, bass) John Coltrane (soprano,tenor saxophone) Pharoah Sanders (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums)
"The Penthouse", Seattle, WA, September 30, 1965
Cosmos
Evolution
Tapestry In Sound
Out Of This World, Part 1&2

John Coltrane - Om(Impulse! A 9140) Orange
Joe Brazil (flute) Donald Garrett (bass clarinet, flute) John Coltrane, Pharoah Sanders (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Elvin Jones (drums) unknown (percussion) unknown (voice)
Camelot Sound Studios, Lynwood, WA, October 1, 1965
Om, Part 1
Om, Part 2

John Coltrane - Meditations(Impulse! A 9110) Orange
John Coltrane, Pharoah Sanders (tenor saxophone) McCoy Tyner (piano) Jimmy Garrison (bass) Rashied Ali, Elvin Jones (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, November 23, 1965
The Father And The Son And The Holy Ghost
Compassion
Love
Consequences
Serenity

1966年(40歳) コルトレーン来日,ビートルズ来日
John Coltrane - Coltrane Live At The Village Vanguard Again!(Impulse! A 9124) Orange
Pharoah Sanders (flute, tenor saxophone, percussion) John Coltrane (soprano,tenor saxophone, bass clarinet, percussion) Alice Coltrane as Alice McLeod (piano) Jimmy Garrison (bass) Rashied Ali (drums) Emanuel Rahim (percussion)
"Village Vanguard", NYC, May 28, 1966
My Favorite Things
Naima

John Coltrane - Second Night In Tokyo(Impulse! (J) YB-8508/10)
John Coltrane (soprano,alto,tenor saxophone, percussion) Pharoah Sanders (alto,tenor saxophone, percussion) Alice Coltrane as Alice McLeod (piano) Jimmy Garrison (bass) Rashied Ali (drums) Hisato Aikura (announcer)
"Sankei Hall", Tokyo, Japan, July 11, 1966
Afro Blue
Peace On Earth
Crescent
Leo

1967年(誕生日前で40歳) 7月17日昇天
John Coltrane - Expression(Impulse! A 9120) Orange
Pharoah Sanders (flute, piccolo -1) John Coltrane (flute, tenor saxophone) Alice Coltrane (piano) Jimmy Garrison (bass) Rashied Ali (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, February 15, 1967
To Be
Offering

John Coltrane (tenor saxophone) Alice Coltrane (piano) Jimmy Garrison (bass) Rashied Ali (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, March 7, 1967
Ogunde
same personnel
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, spring 1967
Expression 

John Coltrane - The Olatunji Concert: The Last Live Recording (Impulse! 314 589 120-2)
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) Pharoah Sanders (tenor saxophone) Alice Coltrane (piano) Jimmy Garrison (bass) Rashied Ali (drums) Algie DeWitt (bata drum) Juma (percussion) Billy Taylor (announcer): same session
"Olatunji Center Of African Culture", NYC, April 23, 1967
Introduction
Ogunde
My Favorite Things

Ag440xこのオラトゥンジ・アフリカ文化センターの録音が遺作となってしまった。1926年9月の生まれだからきっちり40歳の人生だった。そして建設中だった自宅地下の録音スタジオには最新鋭のテープレコーダampex ag440が2台残されていた。日立へ入社した年で新聞記事でコルトレーンが亡くなったコトを知り、更に後追い自殺者が出たことも報じていた。コルトレーン信奉者が多い日本での象徴的な出来事で今でも鮮明に思い出す。

Livx_2Coltrane "Live" At The Village Vanguard(Impulse! A 10) は1961年11月3日から5日の録音、この年の6月に同じヴィレッジ・ヴァンガードでビル・エヴァンスの不朽の名作”ワルツ・フォー・デビー”のライブも録音された。
Ampex351証言によると”ルディ・ヴァン・ゲルダーはツー・トラックのレコーダ(ampex351と想像)を1台とマイクを数本持って来ていた...”とあるが、マイク12本とゆう説もある。イングルウッド・クリフスのヴァンゲルダースタジオ録音より幾分鮮度が鈍い感じはするが、なんとも凄い面子で凄いjazzを演奏したもので、その場に居合わせたならさぞかし素晴らしいのだが、なんせ当時はまだ田舎の中学1年生だった 。a10のmono盤とas10のstereo盤の両方持っているが、ampex351ステレオ機の録音をトラックダウンでモノにしたのだろうからモノに拘らなくても良い。同じ時期のヴィレッジ・ヴァンガードライブでもビル・エヴァンスとはこうも音が違うのだから、あの狭いヴィレッジ・ヴァンガードのせいではなく録音エンジニアの技量なのだ。

Imprexステレオとモノについてだが、例えばインプレッションは音の登場がスリリングで、エルヴィンのシンバルレガートが段々近づいてきて左からコルトレーンが悠然と登場し、やがて右からエリック・ドルフィーのバスクラがギュルギュルと吼え始めて、こりゃあステレオに限る。クレ・セ・ママはステレオだと音が空中に飛散してお見事!インパルス時代はもうステレオ世紀なのだろう。

Kulusemama2_2ひとつコトは時間を掛けないと答えが出ない。1967年”あかほり”に並んでいた”クル・セ・ママ”と47年の関係を持ちようやく理解がおよび答えが出た。オーディオ装置のコルトレーン化とコルトレーン自身に対する勉強が進んで、その凄さが見え始めたクル・セ・ママはコルトレーンjazzの中で驚愕の演奏を聴かせてくれる。

HartxJohn coltrane&Johnny hartman には色々な思い出が詰まっている。先ずはオリジナル盤の話で、オレンジのrvg刻印と赤黒のrvg刻印の2枚を持っていた。jazzの駆け出しさんが見えたので、jazzお勧めの1枚として気前良くオレンジのrvg刻印をあげてしまった。

Elvinsinx関ベイシーでエルヴィン・ジョーンズさんと会えるチャンスに残ったJohn coltrane&Johnny hartman の赤黒rvgレコードを持参して、サインを頂いた。コルトレーン・インパルス盤ではもっとエルヴィンさんが喜びそうなレコードを沢山持っていたのになぜか?

Elvinxxx

しかしエルヴィンさんはたいそう喜んでくれて、おまけに演奏していたスティックまで頂いた。余談だが、ルディ・ヴァン・ゲルダーのベース撮りはへたっくそ(失礼!)でJohn coltrane&Johnny hartman筆頭に何枚かはボンつくベースで画竜点睛を欠いて惜しい。

TransitionxTransition (Impulse! AS 9195)は1965年の録音でレコードの発売が1970年となればセンターレーベルは赤リングに黒しか存在していないはずで、これがオリジナル盤となる。このレコードがコルトレーン、エルヴィン、マッコイ、ギャリソンのクラシックカルテット究極の演奏と言える。イングルウッド・クリフスのヴァンゲルダースタジオで録音したにも係わらず音が悪い。コルトレーン死後はヴァンゲルダーも離れてインパルスレコードの製作に携らなかったため、名演奏必ずしも名音にならなかったのが惜しまれる。

Selfx Selflessness Featuring My Favorite Things(Impulse! AS 9161)のマイ・フェイバリット・シングスが同曲の全録音中で最高の演奏!と評判が高い。この時期エルヴィンはレキシントン療養所に入院中でトラでロイ・ヘインズが入った。冒頭からのバシャバシャとしたブラシュワークはいっぺんに幻滅で、名手ロイ・ヘインズのせいではなくニューポートjazzフェスティバルの録音のせいとしか思えない。全般に音の悪いライブ録音でクレジットにルディ・ヴァン・ゲルダーの名前は無い、誰だい録音エンジニアは?

SupxA Love Supreme(Impulse! A 77)ステレオrvg刻印のオリジナル盤はハム音(ブーン)まで記録されて、たまげると同時に歴史的問題をここに見る。ラッカー盤にカッティングする段階でのハムの混入だから、再びカッティングしない限りハムを生産し続けたのだ。コルトレーンの最高傑作をなんとも杜撰な管理で2度と取り返しがつかないコトをしてしまった。A Love Supremeはセカンドにすべきとか色々ご意見がおありでしょうが、ハムを以てしてもオリジナルオレンジ盤のエネルギーに只々圧倒される。なお国内盤などは音が鈍く全く土俵に乗らない。

AfricaxxJohn Coltrane - Africa/Brass  (Impulse! A 6)プレステッジやアトランティックの時代から進みレコードのジャケットにカラーが使われ始めた。秀逸とは言わないが分かりやすいジャケットで、古くはバロック期カラバッジオ時代の影と光の手法と同で、このジャケットを描くとしたら得意中の得意、このクラスのジャケットすら出来ない現代は一体なに?タイトル通りブラスオーケストラでjazzが分厚くなりインパルス時代コルトレーン最初の傑作と言える。

MeditationsxMeditations(Impulse! A 9110)のa面1曲目”The Father And The Son And The Holy Ghost ”は極度のフリーキーで、たいていは聴いてて根を上げる。要するに前衛は聴衆や観客を無視して自分達のやりたい事をやってしまうので、”こんなの聴いてられない!”と文句を言う御仁はその演奏に参加すれば良い。あんぷおやじ流儀の前衛は”参加するコトに意義あり!”としている。サックスが吹けないから参加できない、となるだろうがパーカッションの1個位ならば誰でも叩ける。参加して(レコードやcdを回して)後はフリーキーに狂気をやれば良い。かくゆうあんぷおやじも前衛画盛んなりし頃、絵の具を叩きつけてフリーをやった経験があり、これはもう実に快感である。だがこれを生涯続けることは難しい。(フリーのフリーのフリー...)

Balladsxお勧めはバラード集の4枚
Ballads(Impulse! A 32)
Duke Ellington And John Coltrane(Impulse! A 30)
John Coltrane And Johnny Hartman(Impulse! A 40)
Crescent(Impulse! A 66)
”Ballads”が圧倒的人気だがあんぷおやじは断然”Crescent”を押す。

Cresxなんといってもa面2曲目の”Wise One ”亡きエリック・ドルフィーに捧げた名曲?で、エルヴィンのシンバルレガートの繊細美、コルトレーンの深々としたテナー、マッコイの真珠が転がるようなピアノ、ヴァン・ゲルダーの天才的録音、是非一聴して頂きたい。Balldsampar

バラード集で問題は”Ballads”で、ベルサウンド盤(オレンジ)は音がざらつき歪んで聴いてられず、無駄な投資をしてしまった。最低限音の歪くらいは管理すべきで、ベルサウンド盤も決して安くないからrvg刻印が必須。オレンジレーベルだけの条件で購入すると、ベルサウンド盤も混じるからrvg刻印か確認しよう。

ExpxExpression  (Impulse! A 9120)はオラトゥンジラストライブが発掘されるまでは遺作とされていた。手持ちはオレンジのsmasのキャピトル盤でオリジナル盤ではないが音も中々輝いて気に入っていた。つい最近rvg刻印を入手してたまげた、音が全く違う!rvg盤はコルトレーンの狂気が感じられ医者へ行くことも拒否して破滅へと向かう凄みが感じられ、一般で言う死の直前の穏やかさ、ではないのである。要するにオーディオの大事はこうゆう解釈をどうするかに全てがあり存在意義なのだ。rvgに感謝!

Vangxxオレンジ化計画の重要なファクターにルディ・ヴァン・ゲルダーの刻印がある。オレンジの時代はrvg刻印以外にベルサウンド盤とsmasのキャピトル盤があり、jazz喫茶amp工房のオーディオ装置ではjazzエネルギーが爆発のrvgを基準とすると、smasはおとなしくベターとなりベルサウンド盤は音が鈍くその差歴然にたまげ、結局rvg刻印に買い換えるハメになる。コルトレーンオレンジ化rvg刻印付きが全て完了して、今更ながらコルトレーンの命を賭したjazzエネルギーに感動させられ、それを聴くことができるコルトレーンオーディオ装置に感謝の日々である。

最後に、
コルトレーンを音痴と言った著名なjazz評論家(ベイシー曰くjazz素人)に呆れたが、早くにコルトレーンの凄さにとり憑かれた方々のjazz人生は”幸いなり”デス。ソフィア王女美術館でピカソのゲルニカを観るようなモノで、コルトレーンjazzは観賞用の心地よいjazzに非ずの芸術世界を体感する。コルトレーンファンならば、一度jazz喫茶amp工房のコルトレーンの魂の叫びを聴かれたら如何だろうか...

|

セロニアス・モンクは飛びっきり良い奴だ!

Coltranex演奏のことだろうか?麻薬のことだろうか?ボクサー級のマイルスのパンチを浴びて袋叩き状態だった。見かねたセロニアス・モンクはコルトレーンに”サキソフォンを吹きたいからからって、こんなことまで我慢することはない。私のところで仕事をしてみないか。”(j.cトーマスコルトレーンの生涯より引用)セロニアス・モンクカルテットの誕生だった。

カウント・ベイシーにいてビックバンドを振らせる技を持ったドラマー、シャドー・ウイルソン、柳のように上手く合わせるベースのウイルバー・ウエア(ソニーロリンズのヴィレッジヴァンガードではエルヴィンと見事なかけ合いをしていた)御大セロニアス・モンクそして名前を上げつつあったジョン・コルトレーン、ファイブ・スポットが連日立ち見が出るほどの好評を博した。

1956年のコトで名作”ブルー・トレイン”のできる1年前の出来事だった。それにしても、セロニアス・モンクは飛びっきり良い奴だ!

|

最強のボリュームを作る 了

Ab1Allen Bradleyの10kΩカーボン皮膜ボリュームを解体して中身を見る。見てもピンとこなければ話にならない。全てはイメージで、ボリュームを小宇宙と見立てて物語を作ろう。

さてそのイメージで物語とは?
”音の進行方向に対して血管が詰まった部分を手術して新しい血管を移植すれば良い。カーボンブラシは表面に金を貼り付け、スリップリングは古い血管で使うのをやめて、カルダスawg20.5のマルチ最外周のリッツ線を7本撚りとしてブラシの金へ直接半田付けをし、外部へ配線を引き出す。”すらすらと物語ができて想像は終り、次は創造作業へ移る。

過日上海駿河屋さんが中国情報を携えて来店してくれた。先ず上海は食事代が高騰して東京より高い、venus sound中国本社のある武漢は50度にもなっているらしい。そりゃあそうだ、日本が30度の時代に40度だったし、武漢は孫悟空の火焔山になってしまった。”Allen Bradleyの10kΩボリュームは音が良くjazz向きである”発見者の上海駿河屋さんが、金張りになった最強のAllen Bradley10kΩの音を聴いてたまげていた。

銀は音を痩せさせこれを音が締まると考えた銀ファンは大いに使い、jazzのベースの銅鳴りやシンバルのジルジャン感やサキソフォンのリード感が消えうせjazzには不向き。金はすべてに優れているが高価すぎるが難点。そこで銅となり銅は音が膨らみ重心は下がる。音のふくらみが嫌いな方には不向き。rcaジャックやプラグacコンセントやプラグ、これらの部材は真鍮に金メッキがほとんどだが、真鍮は音が痩せて全くだめでこれらを純銅にすれば劇的に音が変わる。素材の評価は以上で最強のボリューム程度ならば部材のすべてを金にしたい。いずれやったろ...了

|

レキシントン盤ブルーノト盤インパルス盤

Ofc2xx駄耳礼賛でオーディオ道は耳の悪いほうがよい。耳が良いと僅かな変化を捉えて進化としてしまうが、駄耳のあんぷおやじは劇的変化でなければ分からない。よって改造を狂気の狂くらいやって初めて進化に気づく。おかげでレキシントン盤ブルーノト盤インパルス盤の区別がはっきり分かるようになり素晴らしい!と思う反面、レコードの音不純に気付き、かけられないレコードが増えた。

Lex2xレキシントン盤の録音は少ないマイクでモノテープレコーダで撮って録音技術も欠陥だらけでオーバーレベルで歪すら感じられる。しかし欠陥も歪もjazzに変えてしまうエネルギーがあり圧倒される。レキシントン盤とブルーノート盤は同じブルーノートだが、レキシントン盤には格別のjazzエネルギーがあるため分けた。

Bn2xブルーノート盤になるとレンジが広がり優等生的になるがまだレキシントン盤の流れでjazzは輝いている。モノとステレオとの境で、ロイ・デュナンのコンテンポラリーがコンデンサマイクを使用してレンジを広げ始めた時代になる。

Coltrane2xインパルス盤になるとレンジは広がりステレオの時代で音の輝きは随分と失せてきた。興味深いのは1957年blp1581ソニー・ロリンズのヴィレッジ・ヴァンガードライブ録音と、1961年a10コルトレーンのヴィレッジ・ヴァンガードライブ録音はドラムがエルヴィン・ジョーンズでエンジニアがルディ・ヴァン・ゲルダーで同じにもかかわらずblp1581のジルジャンの分厚さが圧倒的、一体なぜ?ルディ・ヴァン・ゲルダーに聞きたい所である。だがコルトレーンの演奏は絶好調で、ここが相反するところで全てに満遍なくは期待しない方が良い。

Ampkoubouxxこれらの原動力は金線とofc銅の賜物で真鍮を排除してきた結果だが、好事魔多しで世の中そんなに良いコト尽くめなどあり得ず、これらの素材は音を膨らませ200hzから300はzにピークが出るのである。しかしこの欠点もレキシントン盤を輝かせる原動力で、欠点を長所ととらえよう。

かくしてjazz喫茶amp工房の音はレキシントン盤ブルーノト盤インパルス盤を立体彫刻のように再現して、オーディオ道47年の成果を見せてくれるが、まだまだ...

|

2014年8月 9日 (土)

コルトレーン オレンジ化計画 その3

Label2xximpulseのセンター・レーベルは年代を追って画像のようにな情けなくなる。音も黄色丸印のように段々悪くなり、時代は進化しているなんてとんでもない話だ。合わせて合理化、原価低減、のご都合主義に飲み込まれて盤自体もペラペラになり誰かの人格によう似とる。

時代が真に進化したならば音質はこの画像の全く逆で、そうなればオリジナル盤のプレミアなど付かなくて骨董的価値に振り回されなくて済む。右の2レーベルは”平たい顔族”みたにベターとして更に音に鈍さがつきまとう。左はオリジナル領域だが、ときはなされた音は再び空中でぶつかり結合して飛び散り、ジョン・コルトレーンの真の凄さが見える。

だから真ん中の黒から右側は、オレンジに買い換えたくなる...
いやそんなレベルの話じゃあなくて、コルトレーンjazzの解釈を余す所無くやろうとしても、無理なのだ。オレンジではrvg(Rudy Van Gelder)刻印に拘ったほうが間違いない。手持ちのBell Sound刻印の”BALLADS”なんかオレンジでも音が歪んだりしているから要注意デス。オレンジの年代が1960年から1967年で、コルトレーンのレコードは殆どオレンジが存在することになる。

Pkxおまけの話だが、インパルスの見開きジャケットはゲートホールド(gf)と呼び、情報が多く載せられたことからコルトレーンは大喜びした。またインパルス盤は当時としたら高値の5ドル98セントで売られた。注目すべきはジャケットのビニールコーティングで、50年過ぎた現在でもコーティングに守られて鮮明なコルトレーンが登場する。しかし管理が悪いとビニールが擦り傷でくすんでだらしがない。そこで登場が昔ながらのピカールで、これでゴシゴシやると新品のジャケットに蘇る。裂けたものやコーティングの剥がれたものは作業に注意が要る。そのビニールコーティングも1967年のomで終わり、以降はコーティング無しとなりジャケットも音に比例して貧弱な時代を迎える。

インパルスオリジナル盤のamp工房受け入れ検査では、見開き内側を少し湿ったタオルで乾拭きし、裏表面はピカールで研磨している。

|

2014年8月 7日 (木)

コルトレーン オレンジ化計画 その2

Curtisx前エントリーで”こっちがオレンジに黒で、うるさい事を言うと更にオリジナルの資格で細分化される...”と記述したが、オリジナルの1stプレス判断はブルーノートの住所とは違い社名の判断となる。

初期でレコード番号がa1~a33までの場合、プレスは1961年から1963年になる。この年代のプレスは社名が”A PRODUCT OF AM-PAR RECORD CORP”(下画像黄色丸印)となり、最古のモノとゆう訳。

Curtisxx手持ちは2枚あったが1枚はあっちの世界へ行く木戸銭で渡してしまい、画像のカーティス・フラーのみとなった。他のオレンジは”A PRODUCT OF ABC-PARAMOUNT RECORDS, INC.”でセカンド若しくは1964年以降となる。

ブルーノートのレキシントンと2ndの比較と同様にimpulseも1stのオレンジがエネルギーに満ちて、音も輝いて見える。オレンジを入手するチャンスがありa1~a33だったら、是非”A PRODUCT OF AM-PAR RECORD CORP”に拘ろう。

|

2014年8月 5日 (火)

ampex200テープレコーダとレキシントンサウンド

Ampex200xなぜブルーノート・レキシントン盤の音は分厚くエネルギーに満ちているのか?の研究は、録音時のampex200テープレコーダ(資料未見につきあくまでも想定だが...)にトドメを刺すような予感がしていた。

Monkxしかしながら、Thelonious Monk - Genius Of Modern Music, Vol. 1(Blue Note BLP 1510)
Idrees Sulieman (trumpet) Danny Quebec West (alto saxophone) Billy Smith (tenor saxophone) Thelonious Monk (piano) Gene Ramey (bass) Art Blakey (drums)
WOR Studios, NYC, October 15, 1947
Humph 
Thelonious 

Thelonious Monk (piano) Gene Ramey (bass) Art Blakey (drums)
WOR Studios, NYC, October 24, 1947
Ruby, My Dear 
Well, You Needn't 
April In Paris 
Off Minor 
Introspection 

George Taitt (trumpet) Sahib Shihab (alto saxophone) Thelonious Monk (piano) Bob Paige (bass) Art Blakey (drums)
WOR Studios, NYC, November 21, 1947
In Walked Bud 
'Round Midnight 
Milt Jackson (vibraphone) Thelonious Monk (piano) John Simmons (bass) Shadow Wilson (drums)
Apex Studios, NYC, July 2, 1948
Misterioso 
Epistrophy 
I Mean You

では1947年の録音になり、ampex200が正式にリリースされる前の時代で録音機材はいったい何?

200axampexの歴史を紐解くと史実が見えてくる。ampex200は$5,000と大変高価だったが、ampex300は$1,595となり一気に普及した。ステレオ機の投入は1955年に行われjazzもステレオの時代へと突入して、1966年にはアンプ系がトランジスタ化される。
1948 Model 200A
1949 Model 300
1950 Series 400
1953 Model 350 replaced 400, Ampex 450
1955 Ampex 350 and 600 Stereo has arrived
1958 Ampex 351, Ampex 601-2 stereo
1960 Model 970 Model 351, Model 351-C
1963 Ampex prosumer Fine Line F-44, Ampex 351-2P
1964 MR-70, PR-10, F-44, 602-1 & 602-2, PR-10-2
1965 Ampex 602, 602-1
1966 AG-300, AG-350, solid state
1967 AG-440 series, AG-500 series, AG-600, 602, 602-2

Symxampex200aのキャプスタンシンクロナスモータは洗濯機に使うような無骨なモータで、これがレキシントン盤のエネルギーの源と思える。モータの種類はリラクタンスシンクロナスモータと想像する。

ampex200aのスペックは当時としたらとんでもないシロモノで「Freq Response 30 to 15,000 cycles +/- 1 db,Signal to Noise 60 db,Speed 30 ips,Motors 3,Reels 14 inch,Timing accuracy 0.03% @ 30ips,Weight 240 pounds,tube amp,Price $5,000」とある。リールが14インチは35cmだし、テープスピードの30ipsは76cm/secで後のampex300は38cm/secにスペックダウンしている。ampex300のスペック「Freq Response 50 to 15,000 cycles +/- 2 db,Signal to Noise 70 db,Speed 7.5 & 15 ips,Motors 3,Reels 10.5 inch,Timing accuracy 0.1% rms @15ips,Weight approx 60 pounds,tube amp,Price $1,595」

Ampex23ampex200と300のリールテーブル大きさの比較画像で、200は14インチ、300は10インチとなる。その後10インチのリールが規格化されてしまうが何とも魅力的な14インチである。規格化とはクセモノで芸術の芸の付く世界では相容れず、大切なモノを失ってきた。

201sch2ampex200は1948年からリリースしているからレキシントン盤の一部は76cm/secで撮られたコトになる。更にだ、当然アンプ類は左図のように真空管式で分厚い音の条件が整っていた。1967年コルトレーンスタジオに入ったampex ag440はもう時代が変わりトランジスタアンプになって、段々分厚さが消えうせてjazzのエネルギーはjazzプレイヤーの変化と相まって希薄になる時代を迎える。

|

2014年8月 3日 (日)

コルトレーン オレンジ化計画

Mamax駅前銀座の外れで清水銀座へ向かう場所に”あかほり”があった。お店のレコード棚からジョン・コルトレーンのクル・セ・ママが睨んでいたのが強烈な印象で、思い出される。

”あかほり”ではコルトレーンが前衛へ移行している時代のレコードもお店に置いてあり、フリーjazzも気にしていなかった。1967年はインパルスjazzもコルトレーンjazzも、まだ現役の時代なのだ。

Impulsex最近インパルスがうまく鳴るようになり、オレンジ化計画を推進する事にした。

赤黒のレーベルまでは許容範囲にしていたが、やはりオレンジが良い。もっともオレンジと赤黒の区別がつかないオーディオ装置は、見直す必要があると思いますがね。

Redx 赤黒レーベルもimpulseボックスの形状で年代が変わるので要注意!一体ボックスの方が古い。赤黒はオレンジに比べてだいぶ安いが、できればVAN GELDERの刻印に拘ろう。

ここで中古レコードにひと言
”安いものはそれなりのグレードで高いものはピカピカに近い、気をつけなくてはいけないのは意図的なサギと無知、中古レコードに精通するにはそれだけの代償が必要で、信頼あるお店からの購入をお薦めします。”

Impulsexxこっちがオレンジに黒で、うるさい事を言うと更にオリジナルの資格で細分化されるが、うるさい事は音に表現力に任せてimpulse盤はオレンジならば良しとする。但し復刻版のオレンジはオレンジじゃあない。

たいして過激でない”TRASITION”を大音量で一人聴き入っていると、お店に入ってきたお客様はコルトレーンjazzに腰を抜かす。全てが中庸に満遍なく遺漏なきような成果主義の時代に、コルトレーンが1960年代にも増して輝いて聴こえるのは、何故だろうか。

|

2014年8月 1日 (金)

'Round About Midnight

Mmmxxxセロニアス・モンクのラウンド・ミッドナイトがなぜラウンド・アバウト・ミッドナイトになったかは、専門家の解説に任せよう。データではラウンド・ミッドナイトとなっているが、レコードのライナーノーツではラウンド・アバウト・ミッドナイトとなったりしている。

ジャンキーの巣窟と悪態をつかれたボブ・ウァインストックのプレステッジレーベルだったが、1950年代jazzへの功績は偉大である。”リハはマンハッタンのノラでやり、録音はハッケンサックのヴァン・ゲルダー両親の居間でやった。とてもスタジオと呼べる代物ではなかったが、録音は評判が良かったよ。プレステッジはもっぱら金曜日の録音だったね。”とは、カーティス・フラーの弁。

プレステッジ盤 Miles Davis And The Modern Jazz Giants(Prestige PRLP 7150)
Miles Davis (trumpet) Milt Jackson (vibraphone) Thelonious Monk (piano) Percy Heath (bass) Kenny Clarke (drums): same session
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, December 24, 1954
Bemsha Swing 
Swing Spring 
The Man I Love 
The Man I Love (alt. take)

Miles Davis (trumpet) John Coltrane (tenor saxophone) Red Garland (piano) Paul Chambers (bass) Philly Joe Jones (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, October 26, 1956
'Round Midnight
モンクの名曲だがジャケットのライナーノーツではラウンド・アバウト・ミッドナイトになっている。コルトレーンのテナーが輝き、さすがヴァン・ゲルダーの録音と感心しきり。

コロンビア盤 Miles Davis - 'Round About Midnight(Columbia CL 949)
Miles Davis (trumpet) John Coltrane (tenor saxophone) Red Garland (piano) Paul Chambers (bass) Philly Joe Jones (drums)
Columbia Studio D, NYC, October 26, 1955
Ah-Leu-Cha 
Columbia 30th Street Studios, NYC, June 5, 1956
Dear Old Stockholm 
Bye Bye Blackbird 
Tadd's Delight 

add Gil Evans, Teo Macero (arranger)
Columbia 30th Street Studios, NYC, September 10, 1956
All Of You 
'Round Midnight
ダブルブッキングならぬダブル契約で足掛け2年の歳月とテープの編集を加えた完璧なラウンド・アバウト・ミッドナイトは、資金の潤沢なコロンビアレコードの成せる技でたいしたものだが、Miles Davis And The Modern Jazz Giants(Prestige PRLP 7150)のラウンド・アバウト・ミッドナイトのように輝いていない、なぜだ?

レキシントン盤 Thelonious Monk - Genius Of Modern Music, Vol. 1(Blue Note BLP 1510)
Idrees Sulieman (trumpet) Danny Quebec West (alto saxophone) Billy Smith (tenor saxophone) Thelonious Monk (piano) Gene Ramey (bass) Art Blakey (drums)
WOR Studios, NYC, October 15, 1947
Humph 
Thelonious 

Thelonious Monk (piano) Gene Ramey (bass) Art Blakey (drums)
WOR Studios, NYC, October 24, 1947
Ruby, My Dear 
Well, You Needn't 
April In Paris 
Off Minor 
Introspection 

George Taitt (trumpet) Sahib Shihab (alto saxophone) Thelonious Monk (piano) Bob Paige (bass) Art Blakey (drums)
WOR Studios, NYC, November 21, 1947
In Walked Bud 
'Round Midnight 
Milt Jackson (vibraphone) Thelonious Monk (piano) John Simmons (bass) Shadow Wilson (drums)
Apex Studios, NYC, July 2, 1948
Misterioso 
Epistrophy 
I Mean You

そうこうしている内に御大セロニアス・モンクのThelonious Monk - Genius Of Modern Music, Vol. 1(Blue Note BLP 1510)レキシントン盤ラウンド・ミッドナイトの登場で、コロンビア盤は精彩なくかすみプレステッジ盤ですら輝きが足りない。録音スタジオにも注目でプレステッジがヴァン・ゲルダースタジオ、コロンビアはもちろんコロンビアスタジオ、データが足りないがレキシントンはworスタジオ、これらの差が大きいのかも知れない。'Round About Midnightの研究はこれにて終了。

|

« 2014年7月 | トップページ | 2015年8月 »