« 最強のボリュームを作る 了 | トップページ | コルトレーン オレンジ化計画 了 »

2014年8月10日 (日)

セロニアス・モンクは飛びっきり良い奴だ!

Coltranex演奏のことだろうか?麻薬のことだろうか?ボクサー級のマイルスのパンチを浴びて袋叩き状態だった。見かねたセロニアス・モンクはコルトレーンに”サキソフォンを吹きたいからからって、こんなことまで我慢することはない。私のところで仕事をしてみないか。”(j.cトーマスコルトレーンの生涯より引用)セロニアス・モンクカルテットの誕生だった。

カウント・ベイシーにいてビックバンドを振らせる技を持ったドラマー、シャドー・ウイルソン、柳のように上手く合わせるベースのウイルバー・ウエア(ソニーロリンズのヴィレッジヴァンガードではエルヴィンと見事なかけ合いをしていた)御大セロニアス・モンクそして名前を上げつつあったジョン・コルトレーン、ファイブ・スポットが連日立ち見が出るほどの好評を博した。

1956年のコトで名作”ブルー・トレイン”のできる1年前の出来事だった。それにしても、セロニアス・モンクは飛びっきり良い奴だ!

|

« 最強のボリュームを作る 了 | トップページ | コルトレーン オレンジ化計画 了 »