« コルトレーン オレンジ化計画 | トップページ | コルトレーン オレンジ化計画 その2 »

2014年8月 5日 (火)

ampex200テープレコーダとレキシントンサウンド

Ampex200xなぜブルーノート・レキシントン盤の音は分厚くエネルギーに満ちているのか?の研究は、録音時のampex200テープレコーダ(資料未見につきあくまでも想定だが...)にトドメを刺すような予感がしていた。

Monkxしかしながら、Thelonious Monk - Genius Of Modern Music, Vol. 1(Blue Note BLP 1510)
Idrees Sulieman (trumpet) Danny Quebec West (alto saxophone) Billy Smith (tenor saxophone) Thelonious Monk (piano) Gene Ramey (bass) Art Blakey (drums)
WOR Studios, NYC, October 15, 1947
Humph 
Thelonious 

Thelonious Monk (piano) Gene Ramey (bass) Art Blakey (drums)
WOR Studios, NYC, October 24, 1947
Ruby, My Dear 
Well, You Needn't 
April In Paris 
Off Minor 
Introspection 

George Taitt (trumpet) Sahib Shihab (alto saxophone) Thelonious Monk (piano) Bob Paige (bass) Art Blakey (drums)
WOR Studios, NYC, November 21, 1947
In Walked Bud 
'Round Midnight 
Milt Jackson (vibraphone) Thelonious Monk (piano) John Simmons (bass) Shadow Wilson (drums)
Apex Studios, NYC, July 2, 1948
Misterioso 
Epistrophy 
I Mean You

では1947年の録音になり、ampex200が正式にリリースされる前の時代で録音機材はいったい何?

200axampexの歴史を紐解くと史実が見えてくる。ampex200は$5,000と大変高価だったが、ampex300は$1,595となり一気に普及した。ステレオ機の投入は1955年に行われjazzもステレオの時代へと突入して、1966年にはアンプ系がトランジスタ化される。
1948 Model 200A
1949 Model 300
1950 Series 400
1953 Model 350 replaced 400, Ampex 450
1955 Ampex 350 and 600 Stereo has arrived
1958 Ampex 351, Ampex 601-2 stereo
1960 Model 970 Model 351, Model 351-C
1963 Ampex prosumer Fine Line F-44, Ampex 351-2P
1964 MR-70, PR-10, F-44, 602-1 & 602-2, PR-10-2
1965 Ampex 602, 602-1
1966 AG-300, AG-350, solid state
1967 AG-440 series, AG-500 series, AG-600, 602, 602-2

Symxampex200aのキャプスタンシンクロナスモータは洗濯機に使うような無骨なモータで、これがレキシントン盤のエネルギーの源と思える。モータの種類はリラクタンスシンクロナスモータと想像する。

ampex200aのスペックは当時としたらとんでもないシロモノで「Freq Response 30 to 15,000 cycles +/- 1 db,Signal to Noise 60 db,Speed 30 ips,Motors 3,Reels 14 inch,Timing accuracy 0.03% @ 30ips,Weight 240 pounds,tube amp,Price $5,000」とある。リールが14インチは35cmだし、テープスピードの30ipsは76cm/secで後のampex300は38cm/secにスペックダウンしている。ampex300のスペック「Freq Response 50 to 15,000 cycles +/- 2 db,Signal to Noise 70 db,Speed 7.5 & 15 ips,Motors 3,Reels 10.5 inch,Timing accuracy 0.1% rms @15ips,Weight approx 60 pounds,tube amp,Price $1,595」

Ampex23ampex200と300のリールテーブル大きさの比較画像で、200は14インチ、300は10インチとなる。その後10インチのリールが規格化されてしまうが何とも魅力的な14インチである。規格化とはクセモノで芸術の芸の付く世界では相容れず、大切なモノを失ってきた。

201sch2ampex200は1948年からリリースしているからレキシントン盤の一部は76cm/secで撮られたコトになる。更にだ、当然アンプ類は左図のように真空管式で分厚い音の条件が整っていた。1967年コルトレーンスタジオに入ったampex ag440はもう時代が変わりトランジスタアンプになって、段々分厚さが消えうせてjazzのエネルギーはjazzプレイヤーの変化と相まって希薄になる時代を迎える。

|

« コルトレーン オレンジ化計画 | トップページ | コルトレーン オレンジ化計画 その2 »