« 聴く鏡Ⅱ出版記念パーティー 了 | トップページ | コルトレーン オレンジ化計画 »

2014年8月 1日 (金)

'Round About Midnight

Mmmxxxセロニアス・モンクのラウンド・ミッドナイトがなぜラウンド・アバウト・ミッドナイトになったかは、専門家の解説に任せよう。データではラウンド・ミッドナイトとなっているが、レコードのライナーノーツではラウンド・アバウト・ミッドナイトとなったりしている。

ジャンキーの巣窟と悪態をつかれたボブ・ウァインストックのプレステッジレーベルだったが、1950年代jazzへの功績は偉大である。”リハはマンハッタンのノラでやり、録音はハッケンサックのヴァン・ゲルダー両親の居間でやった。とてもスタジオと呼べる代物ではなかったが、録音は評判が良かったよ。プレステッジはもっぱら金曜日の録音だったね。”とは、カーティス・フラーの弁。

プレステッジ盤 Miles Davis And The Modern Jazz Giants(Prestige PRLP 7150)
Miles Davis (trumpet) Milt Jackson (vibraphone) Thelonious Monk (piano) Percy Heath (bass) Kenny Clarke (drums): same session
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, December 24, 1954
Bemsha Swing 
Swing Spring 
The Man I Love 
The Man I Love (alt. take)

Miles Davis (trumpet) John Coltrane (tenor saxophone) Red Garland (piano) Paul Chambers (bass) Philly Joe Jones (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, October 26, 1956
'Round Midnight
モンクの名曲だがジャケットのライナーノーツではラウンド・アバウト・ミッドナイトになっている。コルトレーンのテナーが輝き、さすがヴァン・ゲルダーの録音と感心しきり。

コロンビア盤 Miles Davis - 'Round About Midnight(Columbia CL 949)
Miles Davis (trumpet) John Coltrane (tenor saxophone) Red Garland (piano) Paul Chambers (bass) Philly Joe Jones (drums)
Columbia Studio D, NYC, October 26, 1955
Ah-Leu-Cha 
Columbia 30th Street Studios, NYC, June 5, 1956
Dear Old Stockholm 
Bye Bye Blackbird 
Tadd's Delight 

add Gil Evans, Teo Macero (arranger)
Columbia 30th Street Studios, NYC, September 10, 1956
All Of You 
'Round Midnight
ダブルブッキングならぬダブル契約で足掛け2年の歳月とテープの編集を加えた完璧なラウンド・アバウト・ミッドナイトは、資金の潤沢なコロンビアレコードの成せる技でたいしたものだが、Miles Davis And The Modern Jazz Giants(Prestige PRLP 7150)のラウンド・アバウト・ミッドナイトのように輝いていない、なぜだ?

レキシントン盤 Thelonious Monk - Genius Of Modern Music, Vol. 1(Blue Note BLP 1510)
Idrees Sulieman (trumpet) Danny Quebec West (alto saxophone) Billy Smith (tenor saxophone) Thelonious Monk (piano) Gene Ramey (bass) Art Blakey (drums)
WOR Studios, NYC, October 15, 1947
Humph 
Thelonious 

Thelonious Monk (piano) Gene Ramey (bass) Art Blakey (drums)
WOR Studios, NYC, October 24, 1947
Ruby, My Dear 
Well, You Needn't 
April In Paris 
Off Minor 
Introspection 

George Taitt (trumpet) Sahib Shihab (alto saxophone) Thelonious Monk (piano) Bob Paige (bass) Art Blakey (drums)
WOR Studios, NYC, November 21, 1947
In Walked Bud 
'Round Midnight 
Milt Jackson (vibraphone) Thelonious Monk (piano) John Simmons (bass) Shadow Wilson (drums)
Apex Studios, NYC, July 2, 1948
Misterioso 
Epistrophy 
I Mean You

そうこうしている内に御大セロニアス・モンクのThelonious Monk - Genius Of Modern Music, Vol. 1(Blue Note BLP 1510)レキシントン盤ラウンド・ミッドナイトの登場で、コロンビア盤は精彩なくかすみプレステッジ盤ですら輝きが足りない。録音スタジオにも注目でプレステッジがヴァン・ゲルダースタジオ、コロンビアはもちろんコロンビアスタジオ、データが足りないがレキシントンはworスタジオ、これらの差が大きいのかも知れない。'Round About Midnightの研究はこれにて終了。

|

« 聴く鏡Ⅱ出版記念パーティー 了 | トップページ | コルトレーン オレンジ化計画 »