« オーディオアクセサリーは純銅に限る!その3続き | トップページ | オーディオアクセサリーは純銅に限る!了 »

2015年11月 1日 (日)

オーディオアクセサリーは純銅に限る!その4

26lpc マドリガル・マークレヴィンソンの26Lプリアンプはフォノイコ付きで160万円、26SLテフロン基板タイプはフォノイコ付きで250万円と高額、26SLの情報を得てから負けじとテフロン基板もやってみたが音は別に!で無駄な投資をしてしまった。このクラスの音はきめ細かく緻密で品が良く、基板を眺めた通りの音がする。マークのcelloは更にそれが進み線が細く、レキシントン盤再生には随分と思い悩んだ。

26lx コンシューマ製品は工場原価(mc)を1/10とすると26Lで16万円程度、これに各種型代を加算、基板の版代4種、前面パネルアルミ押し出し材の金型代、シルク印刷版代4種、大雑把に見て500万円、500台で償却すると仮定して原価加算費は10,000円となり都合170,000円の原価とみる。設計費などは間接費として計上するから、通常原価計算には入れない。

Piox さて原価を17万円で26Lを眺めると、カップリングコンデンサのwimaやrifaの500円は納得出来るし、売価に至っては半値8掛もあり得るから、このボロコンデンサでこれだけの音を出す凄技が、メーカのプロ集団にはある。おまけだが筐体に至ってはfft共振周波数分析までやって音作りしているから、一流メーカ品を決して侮ってはいけない。純銅化の第一歩は音質の激変はなはだしいwimaの2.2μfをDuelund-68869 1uf / 100VDC,VSF,Copper Foil,10mmT x 41mmW x 45mmL,$181.00 USD Priceに交換しよう。26L改造最大のポイントはカップリングコンデンサになるが、dcアンプで使っていない人はどうにもならない。

Cu 26Lを音信号の経路順に純銅化していく。音の入り口出口は既エントリーの通り純銅プレス品を使う。ここでは過去に重要な経験がある。amp工房のcdはアキュフェーズのpd11で、当然のように自信を持って真鍮削り出し品の金メッキrcaジャックに交換した。しばらくして割烹わかすぎの若旦那がコーヒーを飲みに見え開口一番、
”なんやこの音は、なにかした?”
”あのー、実はrcaを換えてね、自分でも悪いと思って...”しどろもどろと歯切れが悪く、若旦那が帰って直ぐプレス品のニッケルメッキに戻した。

Au 続いて切り替えスイッチ、幸いなことに26Lはリレーを使用しているからリレーを解体して接点は純銅を上回る純金接点にしよう。その純金接点から直にcardasリッツワイヤーを引き出す。画像の赤角印の素材はバネ性の強いりん青銅で具合が悪く、ここには音楽信号を通さない。

Crl2x 次はボリュームのとんでもない難物で、音の良いボリュームに今まで出会ったことがない。ロータリースイッチを使って抵抗を切り替えていく方式でもロータリースイッチの素材が真鍮だったりして、答えにはならない。基本は巻き線構造でカーボン皮膜などは選択しないから、おのずと定数が限られるけど深く考えない。巻き線式ボリュームを解体してカーボンブラシ表面に金を貼り付け、スリップリングは使わず、カルダスawg20.5のマルチストランド最外周のリッツ線を7本撚りとしてブラシの金へ直接半田付けし、最強のボリュームを作り交換する。

Handa 音の入り口から出口まで純銅純金化が行われ真にめでたしなのだが、めでたくないのがプリント基板で、26SLでテフロン基板に拘ってもパターン表面はハンダレベラー仕上げで片手落ちである。周波数特性がと気を使い、高周波における表皮効果とのたもうお方は、ハンダに音楽信号を流している現実に何を思うかだね。オーディオ基板におけるハンダレベラー仕上げ等は以ての外で、ここは金メッキしか方法が無い。パターンの断面は平角でここに音楽信号を通過させるのも精神衛生上良くないし、結局は真空管jazz時代に遡り、その真空管アンプテクノロジーを現代風に蘇らせるのが一番理にかなっている。かくしてあんぷおやじ流儀は32bit,risc,cpuボード以外は、プリント基板を使わない。

おまけ、
ラグビーの速報が入りニュージーランドが優勝した。エディ・ジョーンズhcのお別れ会見で、経済界かなにかの人が人身掌握術など質問していたが、おおきにお世話で真理は何事にも共通しているコトを教養豊な大人が心得ていない。その真理とは”献身”で五郎丸が脚光を浴びているが、献身の代名詞はマイケル・リーチやアイブス・ジャスティンなど出身が日本ではないfw陣で、傷だらけになりながら日本の為に必死にボールに絡む姿を見れば、どんな哲学書よりも意味深さを知るであろう。

|

« オーディオアクセサリーは純銅に限る!その3続き | トップページ | オーディオアクセサリーは純銅に限る!了 »