« 振動力学 水晶粒スーパーケーブル編6 | トップページ | 振動力学 バイワイヤカルダス端子防振編 »

2015年12月23日 (水)

DP-80を回した!

Dp802 オーディオ仲間の金田式アンプ・ファンのささやき さんのブログを拝見して、たまげた!
何とdenon,dp-80を自力で回してしまったツワモノが居る。その方はHir*hir*183さんで、レポートも上がっているので拝見したが、ツボは心得ておりお見事!

Img_2_m

100の理屈を唱えるよりも、先ずは実行してしまう行動力に脱帽。サイン波出力に出ているデジタルピークはpid制御演算結果で、フィルターを使わずこれを無くす手法を何れ説明する。

Takahasi レポートの中に登場する”C言語によるモータ制御入門講座”の高橋久教授の名前を見て、懐かしくなり数々の武勇伝を思い出した。教授とは長い付き合いで30年にもなる。相棒と言っては失礼にあたるが教授と組んで数々の難事件、いや難開発を解決してきた。大学の研究室で徹夜になることもしばしば、深夜に教授の自宅まで送ること度々、いやはや凄い教授である。

Pdx2000その武勇伝のひとつ、2001年頃だからもう14年も前になるか...マランツ~ベスタpdx2000のdj用ターンテーブル開発で、高橋教授にはマトラボなど駆使してターンテーブルのダイナミック状態解析及びシュミレーションしてもらい、あんぷおやじが実機でpidアルゴリズムを構築して出来上がった変幻自在なdj用ターンテーブル制御アルゴリズムは唯一無二で、現在もターンテーブル制御の中核を担っている。

|

« 振動力学 水晶粒スーパーケーブル編6 | トップページ | 振動力学 バイワイヤカルダス端子防振編 »