« ネットワークシステムのアッテネータ | トップページ | 振動力学 スーパーターンテーブル編2 »

2016年2月23日 (火)

プライベート録音

Dc88伊豆のdcアンプmaniaさんに刺激されて、ヒモ族(テープを言う)の名残のdatを引きずり出した。ルボックスやティアックなど数台は処分してしまい、ティアック x-10r の10号1台とパイオニアのdat d-c88だけが残っている。ティアックは既にamp工房のオブジェと化して、動作可能はd-c88だけになる。

D274清水(市)には凄い演奏家が居るもので、古賀先生はスタインウエイのフルコンサートd274を所有して教えている。現状のd274は2,000万円もする高額でたまげてしまう。弾けないくせに音だけを出してみたが、まろやかな音で高音のきらびやかさは素人が弾いたくらいでは出ないのだろう。古賀先生のコンサートでソニーの安物コンデンサマイクをスタインウエイd274に突っ込んで録音した音を聴いたら、実に生々しくd-c88の96kサンプリングのせいだろうか?

Saitoukinenさてここにプライベート録音のdatテープが残されている。開店して間もない2004年の夏の夕方、ストラヴィンスキーの「兵士の物語」をかけていたら突然”一昨日松本で聴いたサイトウキネンのストラヴィンスキーが何でここで流れている!”と息せき切って、お医者さんご夫妻が入ってこられた。これはもう亡くなられてしまったがクラシック音楽業界のフィクサー的な方の遺品で、当時ご贔屓にしていただいて門外不出のdatテープを分けてもらった。

Dat久しぶりにdatが動いたものだから聴いてみた。大西順子さんのトリオはオフマイク感がありイマイチ、クラシックはまあまあ、当時は良く分からなかったが今聴くと音質がはっきりと分かり、あんぷおやじがスタインウエイにマイクを突っ込んで録音した方が遥かに良い音で、録音はマイクの種別もさることながらセッティングが支配的であると言えよう。しかし凄い音と凄い演奏は別物で、あんぷおやじ流儀は凄い演奏に重きを置き、このプライベート録音は凄い演奏でお宝なり、でした。

|

« ネットワークシステムのアッテネータ | トップページ | 振動力学 スーパーターンテーブル編2 »