« Studer a810 と金田式アンプ仲間のご来店 | トップページ | 振動力学 オーディオシステムの感度2 »

2016年2月11日 (木)

振動力学 オーディオシステムの感度

Live ...イングルウッド・クリフスのヴァン・ゲルダースタジオ録音より幾分鮮度が鈍い感じはするが、なんとも凄い面子で凄いjazzを演奏したもので...
2014年8月10日エントリーの内容で控えめに”鮮度が鈍い感じ”と表現したが、現時点では音が悪い!と表現が変わってしまった。あんぷおやじ流儀のオーディオ音質改善3種の神器、電源、振動対策、純銅化を1年半無我夢中で推し進めたら、オーディオの感度がまるで違ってしまい、我らの駄耳でも簡単に判別がつくようになった。

Ampex351ルディ・ヴァン・ゲルダーにインタビューする機会があれば、
1961年11月2日~3日のヴィレッジ・ヴァン・ガードの
John Coltrane - Coltrane "Live" At The Village Vanguard(Impulse! A 10) John Coltrane (soprano,tenor saxophone) Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet -2) McCoy Tyner (piano -1) Reggie Workman (bass -1) Jimmy Garrison (bass -2) Elvin Jones (drums)
"Village Vanguard", NYC, November 2, 1961
Softly, As In A Morning Sunrise
Chasin' The Trane
John Coltrane (soprano,tenor saxophone) Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet) McCoy Tyner (piano) Reggie Workman (bass) Elvin Jones (drums)
"Village Vanguard", NYC, November 3, 1961
Spiritual 録音について、
Africaxxなぜ同じ1961年6月のイングルウッド・クリフスのヴァン・ゲルダースタジオ録音のアフリカ・ブラスより音質が悪いのか?使用したテープレコーダの機種は?ミキサーの機種は?マイクの本数と種類は?etc聞きたい事が山ほどある。

Sonnyなぜしつっこいかと言うと、
Sonny Rollins - A Night At The Village Vanguard  (Blue Note BLP 1581)
November 3, 1957
A Night InTunisia(afternoon)
Sonny Rollins(tenorsax)
WilburWare (bass)
ElvinJones (drums)
遡ること4年前の1957年のヴィレッジ・ヴァンガードのソニーロリンズの録音は誠によろしい。時代が進化して録音機材が進化したにも拘らず音質が悪いとは一体どうゆうコトか?以降この問題に付きまとわれてしまい、何とも悩ましいオリジナルレコード群でした。

|

« Studer a810 と金田式アンプ仲間のご来店 | トップページ | 振動力学 オーディオシステムの感度2 »