« 振動力学 尖端恐怖症サウンド Rudy Van Gelder | トップページ | 振動力学 denon dp-80スーパーターンテーブル設計編3 »

2016年3月28日 (月)

振動力学 円形恐怖症サウンド ウーファ防振構造編

3色川武大先生は麻雀放浪記の阿佐田哲也と同一人物であるが、小生は博才が全く無いためこちらの本は読んでいない。一関ベイシーを紹介してくれた尊敬する大物弁護士(真に有能な弁護士はtvに出ない)は馬を持ち、盛んに競馬を進められてお付き合いで買ったりしたが一度も当たったためしが無い。さて色川武大先生は円形恐怖症でもあったため円形たるたこ焼き?もダメらしい。amp工房はこの円形恐怖症サウンドの真っ只中に居て、尖がりも丸いモノも怖ーい状況が続いている。

1小型スピーカではスキャンスピークが音色と音楽駆動でもno1と決めて試作を繰り返し、ツイータの取り付けフランジも木製のホーン型や楕円フランジや様々開発して、都度音が変わりどれが正解か当時は分からなくなっていた。現在は簡単に答えが出てしまい迷うことは無い。フランジの材質や形状でツイータの振動係数が変わっていただけなのだ。そこで最新の水晶粒防振リングを取り付けてみた。
2何と低音は膨らみ円形恐怖症サウンドになり悪く言えばボケてしまって大慌て、しかしツイータはシンバルの芯が出てきて大いなる矛盾がある。これは一体なに?...こうなれば大抵しくじったと判断してさっさと止めてしまうのがフツーだが、altecシステムで経験しているからシメタ!となる。
Scyan 小型スピーカは箱の振動がモロにウーファに伝わり、アクチェータたるボイスコイルのリニアモーションにその振動が帰還され情報の欠落が起きている。その帰還信号が低減されたため本来スピーカの持つ能力が発揮されて低音が豊になったと考えるべき。オリジナルはこれに比べると低音が痩せていると気付いた。altec515bに水晶粒防振リングを取り付けたのが4年前で、この大型スピーカではここまではっきりと分からなかった。今起きている円形恐怖症サウンドは一大事で、更に理論的解明を進め技術的確立を行うコトとする。

|

« 振動力学 尖端恐怖症サウンド Rudy Van Gelder | トップページ | 振動力学 denon dp-80スーパーターンテーブル設計編3 »