« 振動力学 denon dp-80スーパーターンテーブルソフトウエア編6 | トップページ | 振動力学 小型スピーカ防振構造化手法編了 »

2016年5月21日 (土)

怪しいトランス事件簿

Mnrx_2高調波発生源の無かったオーディオ黎明期と違い、インバータやスイッチング電源など上流の電源波形まで乱してしまう今日、浄化電源などは商品化されて必需品となっている。画像はユニオン電機 のノイズゼロトランスのmnrで昔マークレヴィンソンlnp2l用で特注したことがある。1次側も2次側も銅テープで巻かれ徹底したシールド工法でコモンモードノイズを低減している。

Men11x次に少し廉価版のノイズレストランスmen-10-2010でカウンターポイントsa3.1のモンスター電源で使用している。mnrと違いケースを使用してノイズ遮蔽をしているが、1次側コイルと2次側コイルの空間が大きくストレーキャップに対処しており、基本に忠実でよろしい。これらの優れたトランスを使えば音は電源が出す成りで、効果絶大になる。

Tr1x この持ち込まれたトランスにたまげた。メーカ名は出さないが、made in japan となっているけど日本製の訳が無い。各部はリベット止めでネジを使わず解体できないからjisに適応するとも思えず、解体は強引にむしりとってバラした。ノイズカットと称して1次と2次の間にペラペラアルミ板を挟んでgnd端子としている。こうゆうある種珍妙な発想に非難する気など失せてしまう。

Tr2性能まで明記されているがとてもそんなレベルとは思えない。肝心要のノイズ遮蔽構造が黄色丸印がアルミのシールド板1枚だけとなる。コイルの巻き方もへたっくそだしテーピングも汚く、塗装も汚い。ノイズなど落ちようも無く音の良い訳が無い。しかし何個か買い込んで持ち込まれたから何とかするしかない、怪しいトランス事件簿でありました。

|

« 振動力学 denon dp-80スーパーターンテーブルソフトウエア編6 | トップページ | 振動力学 小型スピーカ防振構造化手法編了 »