« 怪しいトランス事件簿完結編 | トップページ | 素材力学 トランジスタとネジと »

2016年6月22日 (水)

イングルウッドクリフスのヴァン・ゲルダースタジオ

Aokix_2jazz界に僅かだが友人言えるミュージシャンが居る。いっとうの友人はjazzピアニストの青木弘武 さんで年代が近いコトもあって、妙にウマが合う。
”青木さんコルトレーンの晩年はフリーでしたが、そのままやり続けたらどうなったのでしょうか?、前衛の前衛は無い訳だから...”
”いや、亡くなってしまったから答えが消えてしまい良かったのでしょう!”
jazzピアニストの青木弘武さんはアフターアワーズに時々フリーをやる。これが滅法楽しく待っているが、流石にプロは聴衆を見る。
コルトレーンのジャケットを見ながら”イングルウッドクリフスのヴァン・ゲルダースタジオにはスタインウエイが2台あり、練習用の小型とフルコンのd272、小型は滑らかで弾きやすいがフルコンは硬くて弾きにくい。ヴァン・ゲルダーは、ハイ、本番用とd272を指示する。”
そうか!それでピアノの音が違う理由が分かった。続けて”ピアノのマイクのセッティングの写真を撮ろうとしたら、エライ剣幕でヴァン・ゲルダーが怒り出した。”
平日の穏やかな午前中1杯500円のコーヒーを飲みに来てくれて、更に何物にも替え難い貴重な情報をもらった。

|

« 怪しいトランス事件簿完結編 | トップページ | 素材力学 トランジスタとネジと »