« 振動力学 JBL130Aを蘇らせる編 | トップページ | 素材力学 altecスピーカ編 »

2016年7月14日 (木)

サイレントドラムがやってきた!

Sdこの期に及んでは興味のあるコトは何でもやろうと、次男坊の菊屋からローランドのサイレントドラム1式(roland td-4)をもらい受けてきた。30年くらい前になるか?ローランドの梯社長とは2度ほど浜北インターチェンジ近くのレストランで、食事を御一緒したことがある。浜松では何とか楽器などライバルメーカの嫌がらせや何やらで嫌になり、大阪でローランドを起業したと苦労話をしてくれた。今また大変な事態になり、企業家には安住の地が無いように思う。

Elvin 1965年のベンチャーズ来日は雨後の竹の子のように日本中にエレキバンドが誕生し、エレキギターメーカはボーナスを3回も出すほど売れに売れた。当然のようにベンチャーズコピーバンドを作り演奏するが、無才では長続きもせずjazzを聴く方に転向した。エレキの音もカルチャーショックだったが、それにも増してドラムの音は凄かった。気がつけばあっという間に50年が過ぎてしまい、今更ながらのドラムの練習に思わずニヤっとしてしまう。ドラム演奏者にはjazz界の大物や後輩の横山和明君も居て師匠には事欠かないが、先ずは8ビートをマスターする。スティックは沢山あり、エルビン・ジョーンズさんのお宝スティック(画像の物)、友人のjazzドラマー力武誠君のスティック、これらがやっと生きたか。それにしてもヘッドフォンの音が悪い、ゼンハイザーにするか?akgにするか?いかーん!又しても悪い癖だね。

|

« 振動力学 JBL130Aを蘇らせる編 | トップページ | 素材力学 altecスピーカ編 »