« 9.11レクイエム | トップページ | 総合力学 真空管とラインアンプ編番外 »

2016年9月12日 (月)

総合力学 真空管とラインアンプ編了

Vinchixx最後の晩餐にを前に脱力感に見舞われ、やがてその魔力にやられて金縛り状態だった。古い時代のレキシントン盤のように情報は足りないがエネルギーに満ち溢れた状態は、観客も強制的に参加させられてしまい、共同の創造活動が行われてより深い感動を呼び覚ます。すべからく足りない方が良いか...
雨にけむるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会で待たされ、幾部屋も通り過ぎ、たった15分間の対面が進むべき道を指し示していた。

Lamp古典球ではないレイセオンの6sn7gt、鉄と銅で2重シールドされた電源トランス、mj15024と25を使った全ての安定化電源、銅ケースで電磁シールドした銅コンデンサと半手作りのプレート抵抗と6sn7gt、金箔を張ったリレー接点、トドメは10kg以上充填した水晶粒、これらの総合力学がamp工房のラインアンプを次の時代へ前進させてくれた。ただ残念ながらコマーシャルベースに乗るようなオーディオ製品ではなく、研究室の実験的産物でしかない。
Lamp2翔洋のラグビー部先輩の会社の方が世話役で始ったamp工房学校は、一義に気の合った仲間の連帯でそれぞれに成果が出ており、この先も何でも作ろう主義で、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会のダ・ヴィンチ作最後の晩餐のような音を目指していく。ハイレゾ必要なし、情報の欠落も結構、少ない情報でも1個のドットにどれだけの音力を持たせられるかが、jazzオーディオの信念と心得て...了

|

« 9.11レクイエム | トップページ | 総合力学 真空管とラインアンプ編番外 »