« 原点の力学 | トップページ | 真空管の祖ディフォレスト(de forest)とカニンガム(cunningham) »

2016年10月18日 (火)

高音質真空管を作る(水晶防振+電磁シールド)

11 真空管の足を磨きofc銅線をハンダ付けする。

22 0.1mm厚の銅板を用意する、ofc銅板がベスト。

3 3 円筒材2個、上下フタ材4個をハサミでカットする。0.1mmの銅板はハサミで簡単に切れます。

4 4 下フタ材に配線用穴をキリであける。

 
5 5 円筒材を合わせてハンダ付けする。

6 6 円筒を2本作る。

7_2
7 上フタをハンダ付けする。

8 8 下フタに真空管の配線を通す。

9 9 真空管を入れて、細目から中目の水晶を充填する。

10 10 真空管は円筒の中心へ位置するように調整しながら水晶をしっかり詰める。

11 11 下フタをハンダ付けする。

12 12 2本目も水晶を充填する。

13 13 下フタのハンダ付けをして2本分の水晶防振+電磁シールドの高音質真空管が出来上がる。使用する際に銅ケースはアースへ繋ぐ。

Old14 特に効果的は古典真空管で球の振動音(俗に言う球鳴き)が消えます。

|

« 原点の力学 | トップページ | 真空管の祖ディフォレスト(de forest)とカニンガム(cunningham) »