« 電源力学 金属コンデンサ開発騒動記2 | トップページ | 電源力学 金属コンデンサ開発騒動記3 »

2017年4月14日 (金)

ローランドの梯郁太郎さん亡くなる!

Roland0ローランドの梯郁太郎さんが4月1日に亡くなられた。ロボットベンチャー黎明期の1983年か4年頃、camm-2モデリングマシン(2次元加工機)の原型たるx-yステージの開発をローランドdgから依頼されて、そこで梯社長の登場となった。勿論シンセサイザーや電子楽器のローランドは良く承知しており、憧れの巨人とお仕事がご一緒できた。エース電子からローランド、ローランドの後年は会社乗っ取り?に遭い、更に新会社の設立と波乱万丈の人生を全うされた。

Roland1気さくな社長さんで、浜松北インター近くのありふれたレストランで2度ほど会食をした。お亡くなりになって後年はどうだったか?wikiで調べて謎が増えてしまった。第一の謎は梯さんから「浜松の楽器会社を辞して創業したが、地元では意地悪されて大阪でローランドを起業した」と話してくれたことがある。今の今までそう思っていたがwikiによるとどうやらエース電子の話であった。ではあの時のお話は一体?こっちはjazzオーディオだから「社長、ローランド・カークからローランドの名前を付けたのですか?」「いや、違います」これについては答えは教えてもらえず謎のまま。最初の謎はそうゆう話を聞いた事実すら無いのではないか?と自信を無くす。いずれにせよ電子楽器界の巨人とお仕事がご一緒できて、貴重な思い出となった。ご冥福をお祈りします。
画像はローランド・カークの入っているアルバム、盲目で楽器を2本同時にくわえて演奏する異色のjazzミュージシャン。

|

« 電源力学 金属コンデンサ開発騒動記2 | トップページ | 電源力学 金属コンデンサ開発騒動記3 »