« 振動力学 ターンテーブル振動対策 | トップページ | 鎖国力学 jazzオーディオの独自性 »

2017年4月24日 (月)

発掘力学 John Coltrane MyFavorite Things

Ponpei初代ローマ教皇パウロが磔の刑になって後の西暦79年、ベスビオ火山の火砕流でポンペイは埋もれてしまった。不幸な出来事だったが、埋もれたしまったからこそ保護できる文明があり、埋もれたしまったからこそ発掘できるチャンスがある。埋もれなかったコロッセオは石切り場と化して半崩壊し、埋もれしまったフォロロマーノは地中で保護された。画像はポンペイ秘儀荘の壁画で赤が実に妖しげで、しかし絵画など2000年の時を経てもたいして進化していないのは、現代社会がローマ帝国時代と大差ないコトを示している。

Coltx 昨日はアンプラボ日、アフターミーティングに impulse A-9124 Coltrane - Live At The Village Vanguard Again!
John Coltrane (soprano, tenor sax, bass clarinet) Pharoah Sanders (tenor sax, flute) Alice Coltrane (piano) Jimmy Garrison (bass) Rashied Ali (drums) Emanuel Rahim (percussion)"Village Vanguard", NYC, May 28, 1966 MyFavorite Things をかける。もちろんオリジナル盤でvan gleder刻印付き、しかし録音はヴァンゲルダーでもないし、エルヴィンもマッコイも居ないから消極的で余り聴いていなかった。

ColtxxコルトレーンのMyFavorite Things はたいていネスヒとアーメット兄弟が作った、アトランティックの名盤Sd-1361になる。John Coltrane - My Favorite Things John Coltrane (soprano, tenor sax) McCoy Tyner (piano) Steve Davis (bass) Elvin Jones (drums) NYC, October 21, 1960 My Favorite Things となり、オリジナルカルテットには未だジミー・ギャリソンが参加していない。しかしこれはヴァンゲルダーの録音でもないし、monoのオリジナル盤など超人気盤は手が出ない高額だから、負け惜しみでアトランティックは音が悪いや!とこれまた余り聴いていなかった。

Cuc純銅電解コンデンサの実験機を付けたkuraiman社長氏宅のコルトレーンのサックスがどんどん良くなり、耳感度抜群の弟子のt-mon君が”うわー、変わった!”とamp工房の音にたまげていたが、純銅電解コンデンサはエージングで音が変わるなどとゆうレベルでは無く日々音が進化してこの現象は一体なんだろうか?純銅電解コンデンサは余りにも未知が多い。

Coltrane_3Live At The Village Vanguard Again!が純銅電解コンデンサ威力の凄すぎで呆然と聴き入り、アトランティックの名盤Sd-1361がお茶漬けサラサラに聴こえる。やはり地中深く埋もれたimpulseレコードは、コルトレーンが保護されており素晴らしい!コルトレーンの bass clarinet はエリック・ドルフィの遺品か?フリーへと突入したこの凄いMyFavorite Things は、遂にお宝の1曲となった。

|

« 振動力学 ターンテーブル振動対策 | トップページ | 鎖国力学 jazzオーディオの独自性 »