« 振動力学 最強のcdスタビライザ開発了の続き | トップページ | 水晶力学 水晶粒防振構造mj出稿 »

2017年6月25日 (日)

振動力学 水晶粒防振構造についてmj執筆中

Yatu0mjのk川氏に依頼されて水晶粒防振構造について執筆中だが、少ないページの少ない文章ほど難しいものはない。行き詰まり感が漂い、家人に柳生さんのお店へ行くかい?とけしかけ、amgのハンドルを握る。清水(市)で31度あった気温も22度と涼しくさわやかな八ヶ岳の風に吹かれ、何とも贅沢な時間を過ごす。注文を取りにきた劇団員風なお店のスタッフ女子に”パスタの種類が少ないが?”と訪ねると”パスタを所望ならば近所のイタリアンのコパンに色々あります!”と正直に答える。”いや、柳生さんのお店の食事に意義があるのね”とボロネーゼを頂く。

Yatu_2暫くすると柳生さんが雑木林の手入れを終えて戻ってきて雑談となる。18歳~19歳まで清水の商船学校(現東海大海洋学部)に居り、三保折戸にはやたらと詳しい。カッター部のキャップテンをしていたから、部員を集めて三保から対岸の清水の街までボートで渡ったそうな、等々。柳生さんに挨拶に来られた方は見覚えがあり、そうだ水谷豊さんの相棒で時々アクの強い役をやっている清水綋治さんだ。初夏のさわやかな中に居れば”素晴らしい良い所”となるが、長い極寒の冬季を知れば良い季節だけでないことが分かるだろうし、なお更この季節がありがたく思える。40年間この雑木林の手入れをし、20数年前から八ヶ岳クラブを開店させた筋金入りのナチュラリストで、ただの役者ではない。真吾さんのお悔やみを伝え八ヶ岳クラブを後にした。
Xtal殆ど職業病で八ヶ岳クラブでカフェしながらも原稿の下書きをしている。画像は整理してあるから、そこへ文章を重ねていくだけだが。柳生さんは八ヶ岳の雑木林に打ち込んで40年、こっちも負けちゃあいない、jazzオーディオに打ち込んで50年、50年にして水晶粒防振構造とゆう自在にjazzオーディオを表現する魔法の絵筆を手に入れた。さあミケランジェロかダ・ヴィンチか?いやカラバッジオだ!

|

« 振動力学 最強のcdスタビライザ開発了の続き | トップページ | 水晶力学 水晶粒防振構造mj出稿 »