« 振動力学 水晶粒防振構造についてmj執筆中 | トップページ | 振動力学 水晶粒防振電源トランスを作る 設計3再開 »

2017年6月27日 (火)

水晶力学 水晶粒防振構造mj出稿

Yatug油絵を描く時、十分に煮詰まった状況でキャンバスの前に座るとスラスラと絵筆が勝手に動き、それまでの思い悩みが嘘みたい!なんてコトは良くある。一応巻頭言なるものが書けずに思い悩んでいたが、八ヶ岳のこのテラスに座るとスラスラと自然に書けてしまい、日曜日の出稿となった。結局は八ヶ岳の清々しい自然など関係なく、切羽詰ると煮詰まった答えが出てくるだけで、夏休みの宿題みたいなものだ。

Zakurox少年時代に9年ほど伊那谷に住んでおり幼馴染みは信州に居る。しかし仲良し3人組みの2人はもう他界して、あの秘密を知っているのはあんぷおやじだけになってしまった。天竜川の支流で柘榴石が取れることを聞きつけて我ら3人組みは発掘冒険旅行に出かけた。遂に川に流れの中に柘榴石を見つけ、石で叩いて割り柘榴石の入った岩石を採った。この場所は絶対秘密にしようぜ!50数年前の話になる。この頃は岩石にも興味があり水晶、黄鉄鉱原石、そしてこの柘榴石、鉱物学者を漠然と思っていた。
注:黄鉄鉱原石は金色をしておりたまげた!当時の佐久間ダムの佐久間には久根鉱山があり銅以外に黄鉄鉱が出た。
Xtal鉱物学者にはならなかったがロボットエンジニアになってしまい、相変わらず鉱物たる水晶漬けの生活が続いている。トランプさんが息巻いても、そんさんが息巻いても、世界を支配しているのは水晶で、水晶の刻むクロックには勝てない。ロボットのサーボアンプ電流制御200khzは世界最速だがこれとて水晶の力のお陰で、我が力でもない。
でありますから、水晶粒を使った3次元接触全方位的防振構造は自然の流れで、少年時代に夢見た鉱物学者の仕事になる。今まで通りのことを今まで通りにやっていたって、何ら革新は起きない。jazzオーディオ最後の切り札がこの世界を支配している水晶で、何億年も前に生成された鉱物の複合的防振機能が、まぎれも無く新しい表現をしてくれる。

|

« 振動力学 水晶粒防振構造についてmj執筆中 | トップページ | 振動力学 水晶粒防振電源トランスを作る 設計3再開 »