« dcサーボモータpwmアンプ 還流電流 | トップページ | まやかし力学 dcサーボモータpwmアンプ逆回復電流 »

2017年10月16日 (月)

dcサーボモータpwmアンプ 過電流遮断

Amp2研究室に閉じこもり不眠不休でdcサーボモータpwmアンプの修理をしていると、時として絶望するコトある。こうゆう時「自分を信じてがんばれ!」と偉人達の声が聞こえてくるが、たいていは半信半疑の信じ方しかしできない。それでも諦めはせずネバネバやっていると劇的ではないにしろ答えがもらえて、又しても何とかなるか?ミナーシャモータが回り始めて1週間、保護抵抗ガチガチのうそっぽい動作が、昨夜それらを外し漸くまともに動いた!

Ovcc保護抵抗を外すためには過電流遮断機構が必要で本来は何ヶ月も時間を欲しい所だが、イチカバチかで組み込んだ。時間が無いため回路は極度に単純化した。lemの電流センサー100aの出力とポテンショメータの過電流判定電圧の比較で、コンパレータにはlm339を使った。

Rev3問題は逆回復電流の電源短絡状態で50a~100a程度600nsec流れ盛大にノイズが出る。これらのノイズはコモンモードで飛び込むため、差動コンパレータのコモンモード除去能力によりリジェクションされて大丈夫そう。

Ovclm339の過電流出力をdcサーボモータpwmアンプの保護回路へ並列接続してみた。見事に過電流遮断してこれならば使えそうな雰囲気が漂ってきた。富士電機のトランジスタモジュールevk31-050aの限界スペックは100aの1msecとなっている。画像のように200μsecの分解能で、見極めが付かないほど高速で遮断してpwmを止めている。

|

« dcサーボモータpwmアンプ 還流電流 | トップページ | まやかし力学 dcサーボモータpwmアンプ逆回復電流 »