« 馬力学 Mercedes-Benz CLK63 AMG | トップページ | 喧々(けんけん)力学 スタインウェイ(Steinway)D-274 »

2017年11月 5日 (日)

フリーウエア力学 古典管回路cad”BSch3v”了

Ocsch晴天の日は駐車場でサボテンの手入れをするのが日課になっており、色んな通行人さんとお話になる。随分前になるが、宗教関係の紳士の方に声を掛けられて資料を渡された。印刷の資料に混じりワードで書かれた資料があり、それを元に力説するものだから”お話の趣旨は分かります、しかしですねこのワードは良くありません、人間味が無くせっかくの真理も伝わり難いですね!”とお返しした。それから暫くしてその紳士は手書きの同じ資料を持ち、嬉々として訪ねてこられた。現代こそ手書きが重要で、aさんもbさんもワードで書けば個人が消えてしまう。jazzと同じで上手い下手はあんまり関係なく、如何に味を出すかが決め手なり。現代企業ではプレゼンと称して如何に美しく資料を纏めるかも、重要な企業人の資質でもあるのだが。

Bsch0_2 水魚堂さんの回路cad”BSch3v”をダウンロードしてから1週間が過ぎて、windowsの強力な支配下のせいかとんでもないcadであることが分かる。cadが全てと繋がり自由自在で、上記プレゼン用資料作成にはもってこいなのだ。古典管cx345の回路図上に文章も入れば写真も入る。早速電源密結合の重要性の資料を作ってみた。この素晴らしさに感心していると...ん?この資料を何処でプレゼンするのか?誰に見せるのか?自分じゃあないか!役に立つのはmjさんから執筆依頼された時くらいか。かくしてcad熱は急速に冷めるのでありました。

|

« 馬力学 Mercedes-Benz CLK63 AMG | トップページ | 喧々(けんけん)力学 スタインウェイ(Steinway)D-274 »