« 利得力学 直熱真空管アンプの利得(ゲイン)配分1 | トップページ | 振動力学 水晶粒防振トロイダル出力トランス編1 »

2017年12月 7日 (木)

利得力学 フォノイコライザのriaa曲線

Spaconxx我が耳を疑う事件が起きた。日の丸スパコンのベンチャー企業社長が、4億円詐欺で逮捕されたのだ。冷却液を使ったcpu直接冷却は凄いアイディアで、感心して眺めていた。今回の詐欺事件の舞台である、新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDOネドー)はベンチャー企業にとって憧れの資金源で、そこに辿り着くまでの事前審査で落とされ敷居が高い。我らも超発電機構でNEDOから助成金をもらおうとも考えたが、研究チームの中でプレゼンに優れたメンバーが居ないこと、超新規過ぎて理解され難いこと、政治力が皆無であること等で、はなかっから諦めて自力開発している。ベンチャー企業の最大の弱点は資金力に乏しいこと、マネージメント(金勘定)より開発を優先にしてしまうことで、経営は立ち行かなくなる。水晶粒防振構造も直接水晶粒を電子部品に接触させて振動を抑えるところでは、考え方がちょっと近い。さて本日のテーマ、利得力学のフォノイコライザriaa曲線も事件?となり面白かった。

1無帰還cr型フォノイコライザしか作らないから、回路は極めて簡単で誰でも出来る。そうだ!佐久間さんのcr型イコライザ回路をLTspiceでシュミレーションしてriaa曲線がどうなっているか調べてみよう。回路図は佐久間さんの直熱管アンプ放浪記から抜粋した。
2その結果はこの通り。riaa曲線は低域上昇のみで、高域減衰が無い。間違いかと思い何度もシュミレーションしたが変わらなかった。赤丸印のようにロールオフの始まる2khzから20khzまでフラットな特性で、高域は減衰しないからうるさいはずだが?佐久間式は低域イコライジングの高域ノンイコライジングの独特な方式で、意図的にやっている佐久間流儀と思う。
3_2そこで一般的無帰還cr型フォノイコライザと、佐久間さんのcr型フォノイコライザを同時にシュミレーションして、その差を見るコトにした。
4その結果がこれ、赤丸印の佐久間さんに対して一般的が青丸印でriaaカーブに則っている。LTspiceの問題かと少し疑念を抱いたが、シュミレーションは正しかった。riaa規格では、低域上昇をターンオーバーとし、その周波数を500hzとする。高域減衰はロールオフとし、10khz/-13.7dbとする。
。。
5続いて興味津々の佐久間式可変インダクタについてもシュミレーションしてみた。抵抗に比べてこの可変インダクタや固定インダクタはクセモノで、周波数によってインピーダンスが変わるから、実にややっこしい挙動をする。
6こちらの回路図も佐久間さんの直熱管アンプ放浪記から抜粋した。
。。
7
可変インダクタを使えば高域は減衰するがロールオフ周波数は大幅にズレてしまい、且つ低域は1khzで既に20dbもあり10hzまでフラットで、riaa曲線には程遠いがこれも佐久間流儀と思う。
Cpさて我が無帰還cr型フォノイコライザはカウンターポイントsa3.1のデッドコピーで、銅コンデンサを使うために時定数のみを変えている。赤丸印がイコライザ素子で標準的回路。jazzオーディオに関して無改造で比較したならば、未だにカウンターポイントsa3.1がno1のプリアンプと思っている。
Cpriaax1 これが比較回路で、上がカウンターポイントsa3.1、下が一般的回路。
Cpriaax2一般的cr型イコライザと、カウンターポイント型crイコライザのシュミレーション比較では、曲線の精度の僅かな違いだから全く問題なく、どっちを使ってもよろしい。ベストを尽くすならジャンセンの銅コンデンサ値を基準にして抵抗を算出し、また抵抗は銅マンガニン線が手巻き出来る程度の値とする。佐久間式を参考に、何としても音の悪い抵抗を止めて銅線巻きのインダクタンスにしようと何度もシュミレーションしたが、中々riaa曲線の精度が出ないので安定したcr型でいくことにした。LTspiceはモデリングの精度で結果は変わってしまうが、イコライザ素子のようなパッシブではモデリングの影響は少なく精度の良いシュミレーション結果が出る。LTspiceは実用的に使え且つ簡単だから、jazzオーディオの皆さんにお勧めです。
Xeon12月8日追記:
もう20年以上も前になるが、無限に増殖出来るインテルマルチプロセッサと3次元立体メモリをロボットベンチャー時代に超高速演算装置として構想していた(この母体のテクノロジーは更に10年遡り、日立の研究所で学んだ)が、現在のスパコンは似たり寄ったりの構成で、しかもインテルチップのXeon Phi(ジーオン ファイ)が使われているなんて、スパコンが異次元には思えなくなった。現在はターンテーブル制御用のプロセッサが必要な位で、高性能なcpuには無縁になったが、案外時代なんか進化していないような気がして、jazzオーディオの方がよっぽど難しいし、お金にならないから事件も起きないし、こんな人生も捨てたもんじゃあない。

|

« 利得力学 直熱真空管アンプの利得(ゲイン)配分1 | トップページ | 振動力学 水晶粒防振トロイダル出力トランス編1 »